ダイバージェンスの検証と反省

大阪セミナーの動画を拝見し、チャートパターンの検証を中断し、ダイバージェンスの検証をしました。毎度毎度のことですが、検証後に問題点に気づきましたので、解決できたら再度やりなおします(笑)。まずは結果から。

【検証】ダイバージェンス

ダイバー①

検証中はウハウハでしたが、検証を終えて冷静に見直しているとい色々と疑問がわいてきました。今回の検証で得たものは…

①ダイバージェンスはすごいことが分かった

②ダウ理論(直近高値・安値を意識すること)が大事だと分かった

③MAなしでもS/Rでエントリーできることが少し分かった(チャートパターンに移る前にここの理解が大事)

さて、問題点は…

①チャートの右端で、どのタイミングでダイバージェンスと判断するか分からない

②次の高値・安値が予め分かれば今回のように短期足でトレンド転換の初動でエントリーできますが、今の自分には無理

③検証結果は、全てトレンド転換の初動の初動を短い時間足で捉えているので、すごいことになっている(笑)。もしこういったポイントでエントリーできるようになったら、スゴイことになる。

以上です。自分の検証方法に疑問が生じたため、今回の検証結果自体は余り重要視していません。ただ、確実に勝率が上がり、有利なポイントで入れるようになることは確かです。

 



2 comments

コメントを残す