仕掛け②+建値決済の検証③

仕掛け②EURUSD 4時間足 ①

仕掛け②EURUSD 1時間足 ①

大変お世話になります。仕掛け②の検証を4時間足、1時間足で終えたので投稿させていただきます。

仕掛け②の検証では、建値決済の検証も同時に行うことで、自分的には「1時間足で、20ピップでストップを建値に移動する」方法が一番心地いいと感じました。日足、4時間足、1時間足で20ピップの意味合いに少しズレがあり、具体的にはレンジでどれだけ守られるか、トレンドの取りこぼしがどれだけ少なくなるか、ですが、ここでも「全部オイシイ」はないようです。

結局、1時間足は4時間足の1/4なので、20ピップではなくて1/4の5ピップにしたらどうなるだろう、と思って検証したりしてみましたが、何か方向性がズレているな、と感じました。色々と「あーでもない、こーでもない」と考えながらやっていますが、とりあえずやってみて、自分にとって心地いいかどうか確かめてみたいと思います。

P.S.

エントリー場面を絞り込むためにチャートパターンの検証に進みたいと考えていましたが、まずは基本となるダウ理論(SR)の検証や、ダイバージェンスの検証を優先させるべきかな、とも考えています。具体的にどのように検証するかはまだ考え中ですが、ご指摘、アドバイス等があれば、何卒よろしくお願い申し上げます。



2 comments

  • sasao19

    エクセルに書かれている通り、デモトレードを開始してください。
    デモをしながら検証したものとのすりあわせですね。
    それと並行しながらダウ理論、チャートパターン、ダイバージェンスという検証の流れが、僕が思うにですが重要度が高い順ですのでその流れでいいと思います。

  • 笹田先生、ありがとうございました。デモトレは日々の相場観やWebセミナーで解説していただいたポイントをメインに、自分でも考えながらやっていきます。平行してダウ理論の検証を進めていきます。

コメントを残す