(西嶋)リアルトレード初日:選択と集中、そして、ほろ苦い勝利

今月に入り3週間デモトレードをやってきて、4ヶ月のカリキュラムも一通り学習し、そこそこやれる自信が付いてきたので今日からリアルトレードに移行しました。

26日まで、主にクロス円で6個くらいの通貨ペアでやってきましたが、

・ドル円/豪ドル円/ポンド円は、基本的に値動きが似ている。(=3つ同時にやる意味があまり無さそう)

・ユーロ円は、なぜか相性が最悪(1/11以降では5戦全敗。。。)

・ポンド円が一番チャンスが多く、さらに勝率・収益率ともに最も良かった。

・複数通貨ペアのチャートをチェックするのは、そもそも大変。。。

という理由から、思い切って「ポンド円」のみで当面やることにしました。

また、曜日別の勝率を見ると、月曜が明らかに悪いので、月曜はトレードしないことにしました。

 

そして、初日の結果。

いきなりの連敗スタートでしたが、ルールに基づいて早めに損切していたおかげで、3トレードめの1発で取り返せました☆ 今月習ってデモで検証したTRBがいきなりハマりました。

ただ、負けた2つはどちらも、決済点(-61.8%)の手前に上位時間足の20MA線が挟まっていて、そこで反転してやられており、それに気づいていれば防げた損失だったので、自分としてはかなり反省すべきトレードでした。また、No.1は、確かに「38.2%」戻してはいましたが、チャートで戻りの「山」(中指)が形成されていたわけではないので、そもそもFIBトレードとして正しかったのか疑問です。

 。。。とまあ、収穫と反省の両方あるほろ苦い勝利の初日でした。

 

20160127-29_リアルトレード記録



コメントを残す