(西嶋)4ヶ月間の感想と今後の目標

 4ヶ月のカリキュラムを修了するにあたり、自分なりの感想を以下に投稿させていただきます。

 まだまだこれからではありますが、自分が4ヶ月でここまで変われるとは正直、夢にも思っていませんでした。CMAを通じて、勝ち続けるために必要なノウハウ・習慣・メンタル、そして何より、以前にいたFXアカデミーでは全く見出せなかった「自分のトレードルール」を構築することができました。

 これからCMAを始められる方、カリキュラム途中の方は、「CMAで本当に勝てるようになるのか?」という不安があって、他の教材に手を出したりしたくなると思いますが、私の知る限り、「自分のトレードスタイルを確立する」という点でCMAは最短の近道だと思います。当然「全力で取り組めば」の話ですが。

 ただ闇雲にいろんなインジケータの表面的な知識だけ増やしても、場面に応じてどのインジケータを選んでどう使っていつエントリーするのか、というのを理解しなければ、実際のトレードには使えません。「使えない」知識は「知らない」のと同じです。CMAは、知識を実際のトレードですぐに「使える」ようにする方法を教えてくれます。

 

以下、私の4か月間の感想と今後の目標です。(長文失礼><;)

 

<一言で、CMAを通じて自分はどう変わったか?>

 この4か月間でFX観が一変し、自分のスタイルが確立でき、トレードに自信が持てるようになりました。

 <以前の自分の状態>

 以前も別のFXアカデミーにCMAよりも高いお金を払い、基本的な取引ルールと一般的なインジケータの見方を一通り習いましたが、それらを「どのように自分のトレードルール・スタイルに落とし込んでいくのか?」という肝心の部分について何ら具体的な説明はありませんでした。そのため、1年以上経っても「いろいろ習ったけど、どれをどう選んで、どう使ってトレードしたら勝てるのか分からない」というモヤモヤが解消することはありませんでした。

<以前に在籍していたFXアカデミーとCMAとの違い(西嶋の主観)>

・一般的なインジケータについてツラツラ説明するのではなく、トレードで理解すべきポイントを「プライスアクション」「トレンド」「チャートパターン」「ダイバージェンス」と明確に絞った上で、これらをどういうルールで使ってトレードを行えば良いかまで含めて丁寧な解説がされていること。

・習った知識を自分のスタイルに落とし込むために必要なステップ(過去検証⇒デモ⇒リアル)、具体的な検証手順が明確に定義され、検証のためのツールも提供されていること。

<CMAを通じて自分はどう変わったか?>

・上記により、以前のFXアカデミーでは教えてもらえなかった「習ったことを自分がトレードに使える具体的なルール/システムに落とし込む」プロセスの壁を突破して、自分のトレードスタイルを確立できた。

・また、今後のトレードの中で自分のトレードシステムを改良していったり新しいシステムを検証するプロセスも身に着けることができたので、トレードしながら常にPDCAを回せるようになった。

<CMAで学んだこと>

・トレードで勝ち続けるにはまず、フィボナッチトレード、チャートパターン、TRBといったカリキュラムで学んだ手法を場面に応じて適切に使い分けられるのは当然の前提。

・その上で利益を伸ばしていくには、T/P(利食い)を伸ばせる場面とS/L(損切)を早めるべき場面を判断する自分なりの基準を持ち、それを冷徹に実行していくことが必要。

・その基準が無かったり、あっても自信が持てていないと、目先の値動きに一喜一憂して利益を取り逃がしたり損切が遅れて大損したりする。これを防ぐために、過去チャートとデモトレードによる検証が必要。

・上記の判断を補強する材料として、経済ニュースの情報収集も最低限は必要。

・トレードはスポーツ=「分かる」と「できる」は違う。上記のようなことは誰でも「分かる」が、「できる」レベルに到達できないから負け続ける。昨年までの自分がまさにそうだった。「できる」レベルに到達するために、過去チャートとデモトレードでの検証、そして反復実践が必要。

<この後どうなれそうですか?>

・月利20%以上(週利5%以上)のトレードを継続し、今年8月までに資金を500万円(現在120万円)に増やして専業化することを、最初の目標とします。システムの改良を続けて行けば十分に可能と考えています。

・今年中には数千万円レベル、来年には数億円レベルの資金を安定運用しつつ後進の方を育成していけるようなトレーダを目指します。

 

掲載用写真 トレード画像例1 トレード画像例2



コメントを残す