5/23作業記録 ドル円 日足検証

はじめて実践記投稿します!よろしくお願いします。sin検証用エクセル USDJPY日足

日足でしたのですが、対象のローソク足が少なくて、どうなのか?って不安ですが、

時間足を落とすか、通貨ペアを変えるかでやってみたいと思います。。



3 comments

  • 見直しいいですね。

    1・2枚目、MAの上下逆です。

    検証終了通貨とは、左から
    通貨ペア、本数、終了日を入れて下さい。
    今回の場合はUSSDJPY ,10,2019/5/23のようにです。

    実際のトレードで日足しかやらないのならば違う通貨ペアを検証してください。
    取引する可能性のあるメジャーなペアからでいいです。
    ヒストリカルデータをダウンロードすればもっと検証できると思います。

    引き続きお願いします。

    • 会田さん、早速のコメント有難うございます。
      H4、H1も見れる時が結構あるので、検証してみます。
      MAが完全に水平な状態で、ローソク足を横切っているような時、
      つまりレンジ状態と観察できる場合、リスクが大きいので、
      スキップするのも有りでしょうか? それとも環境に関わらず、
      今は、全て条件に合致したらエントリー・決済するのが良いでしょうか?

      また水平線のサポレジを使ってみてもいいんでしょうか?
      このレジスタンスを超えて、高値を作り、帰ってきて、サポレジ転換して、
      条件に合致したからエントリー、みたいにです。

      どうぞ、よろしくお願いします。

  • レンジ状態のスキップはアリですが、レンジの定義づけしてルール化出来ればです。
    それを実際の値動きのようにF12で1本ずつ送ってレンジ判断できるかが最低条件だと思います。

    最初は条件に合致したら全てのエントリー・決済からスタートがいいです。
    全てのエントリー決済と、レンジと判断してスキップのを比較検証するのもアリです。

    水平線のサポレジの検証ですが、こちらもどのタイミングで引いて、
    いつまで有効か時間進んだ検証時に同じ事を再現できるかです。
    MAレンジも含めてですが、検証で再現できて、実際のトレードで再現できるのが前提となります。
    その上で優位性が感じられたら何でも検証してOKです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください