• レバレッジをかけることができる25倍
  • 単純な話ですが、100万円を25倍の2500万として動かす事が可能です。
    2500万の不動産を買えないような人でも、
    同じようにお金に働いて貰うことが可能なのです。

  • 国が発行している通貨の取引なので安心(倒産リスクが少ない)
  • FXに関して勘違いしている人が多いですが、レバレッジをかけなければ、株よりもFXは値動きが少ないため、一回の取引におけるリスクは非常に少ないです。
    100年に一度の金融危機と言われてたサブプライムやリーマンショックなどの大暴落の際も、ドル円のレートで20%程度下落したに過ぎません。

  • 24時間取引することができる
  • 年中暇な人なら良いですが、通常の人は色々と忙しい物です。
    いつでも自分の好きな時間に取引が行えるのは非常に良いことです。

  • 不景気でも関係ない
  • FXは買う、売るどちらでもできるため不景気だから
    儲からないなどのことは一切ありません。

    もちろん株も売りから入ることが出来ますが、
    上級者でもリスクが有るため、空売りはやらないと言う人もいるほどです。


  • 回転売買ができる
  • 不動産の項目でも説明しましたが、
    不動産は2500万で購入したらその資金からは
    毎月25万しか回収することが出来ませんが、
    FXなら毎日25万を回収することも出来ます。

    株の場合は差金決済が禁止されているため、
    同一銘柄を1日に何度も繰り返し売買することができません。

 

 

以上が一般的に、FXをおすすめする理由になりますが、

 

日本のFXの口座数は約700万と言われています。(多少の前後はありますが…)

稼働率はだいたい10%くらいなので、
FXをしているひとは、70万人くらい。

 

複数の口座で取引をしている人もいるので、
FX人口は50万人くらいと想像できます

 

50万人中果たして何名が儲かっているのだろうか?

この疑問は湧いてきませんか?

 

僕の見解では、45万人が負けていて、
5万人が勝っていると考えています。

 

常に勝ち続けているのは1万人未満だと思います

FX業者はこの数値をあまり公開してくれません。

なぜか?

 

負けている人が多いと新規参入者が増えないからなのです。(笑)

 

でも負けている人が多い業界の方が実は良くないですか?

この話はおいおいしてきます。

 

この事を裏付けるデーターとして、
フランス当局が発表した負けトレーダーの数のデーターがあります。

 

この事を裏付けるデーターとして、フランス当局が発表した負けトレーダーの数のデーターがあります。

 

 

フランスにおける負けトレイダーの数が判明

 

 

 

 

簡単に抜粋すると、

10人中9人が負けている(約90%)

一人当たり、13800ドル負けている(日本円だと約140万円(1ドル100円))

負けてる人数が13224人

勝ってる人数が1575人

 

四年間と言う期間でコレだけの人数が負けているのですから、期間を長くすればもっと多くの人が負けると言うのは想像に難しくないですよね?

 

期間が後10倍になれば、勝っている人の数は10分の1くらいになりそうな物です。

普通にやっていればFXで負けることはあり得ません。

理論上は上がるか下がるかの二者択一ですから、

普通に続けていれば「勝率5割」でプラスマイナスゼロ。

証券会社の手数料だけがマイナスになる程度で、「大損しました!」なんてことにはならない"はず"なのがFXです。

なのに・・・・・


FXで負ける人がこんなにも大勢いるのはなぜでしょうか?
その「理由」はあっけないほど簡単な問題で、

「投資の原理原則を知らないから」これに尽きます。

 

今までのお話を簡単にまとめますと

お金持ち、時間持ちに成るためには

 


  • お金に働いて貰う必要がある。
  • 貴方にあった適切な投資手法を選ぶ必要がある
  • 資金が少なくて効率的に稼げる物はFXである
  • FXトレーダーの90%は負けている

 

 

僕がFXを進めようとしているのに90%もの人が負けていると言うデーターは不利なデーターなので記載記載する必要性は無いかも知れませんが、

 

最初にお話ししたとおり、このページで僕は貴方に何か売ろうとしてませんし、

儲けを取ろうともしてません。

 

ここから伝えたい事は、僕自身が取り組んでいる利益の取れる方法を

記載していきます。

 

もし、僕の事を少しでも信用成る人間だなと思ったのでしたら、

嘘偽りなく、真実のみを記載しますので、付き合ってくだささい。

 

 

チャートマスターの根崎優樹です。

 

 

私は丁度13年前の18歳の時に父の影響で株式投資を始めたのがきっかけで
"投資"の世界に足を踏み入れたのですが、
なんだかんだで気付けばトレーダー歴12年という歳月が経過しました。
※現年齢31歳です。

最初は株式投資がきっかけでしたが、
様々な理由(追々お伝えしていきます)があって
"FX(外国為替証拠金取引)"に転身することにしました。

それが2005年8月・・・ギリシャの小さな小さな島・・・
サモス島での決断です。

 

 

 

 

「どうせやるなら極めたい!」

負けず嫌いの私は中途半端なことはしたくなかったので、
世界一の投資先進国であるアメリカのバージニア州にある投資教育機関
「CFG(Concorde Forex Group)」
200万円払って入学して本格的にFXを学びました。

ちなみにCFGと言うのは
"ブッシュ元大統領"にも表彰されたことのある本格的な投資スクールで、
講師150人、生徒6,000人、講師150人全員が1億円(100万$)トレーダーという
世界一のスクールで、朝から晩まで「講義と実践」を繰り返すトレード漬けの生活環境で投資を学ぶスクールです。

このCFGでは「卒業試験」がありまして「50連勝」しないと卒業出来ないのですが、
その試験を乗り越えアジアで唯一卒業したのが僕なんです。

しかも入学からわずか1年という短期間で、
結果的に"世界最年少で卒業"という偉業も成し遂げました。

 

 

 

 

アメリカの投資教育機関CFGを卒業した後は、
元手20万円を1億円にするなど「トレーダー」として
完全な自由を手に入れた私ですが、

世界に比べて日本の投資教育の"圧倒的な遅れ"を
何とかしたいと思い、
多くの人にトレードを教える活動も行うようになりました。

それが9年前くらいだったと思います。

多くの方にトレードを教えていく為に設立した会社こそが
「株式会社チャートマスター」なのですが、

詐欺まがいのノウハウを販売する人達が後を絶たない為か、

毎日毎日私のもとには「本物のトレーダーから学びたい!」と
多くの方が足を運んでくださいまして、
気付けば8千人以上の人に指導し、
セミナーなども含めれば2万人もの人に講義させて頂きました。


 

 

 

もうお分かり頂けていると思いますが、私があなたにお伝えする方法とは、
「FXで生涯稼ぎ続ける"能力"」です。

一時的にちょろっと稼げる方法や、
素人が偶然勝ってしまった程度の手法ではなく、
いつでも、どこでも、好きな時に、好きな場所で、
好きなだけ稼いで頂ける「能力」をお伝えします。

その能力があればどういう事が出来るようになるのかを少しだけお見せしますと、
下記のように50万円の資金をわずか3ヶ月で283万円にする事だって朝めし前です。

 

 

 

 

このページでは一体どのように勝つか?

と言う事を、アバウト(曖昧)な事ではなく、実際に

何処でエントリーをするのか?など詳しいことをきちんと記載します。

 

 

 

 

僕は本場アメリカでFXを学びました。

日本で学んだことはありません。
教材も買ったわけではなく、ましてや「塾」なんて物にはいったこともないです。





少しだけ私の教え子の声を聞いてください。

 





 

 

 


巷には情報商材の類やDVDだけ送りつける高額塾が蔓延し、


  • 素人に毛が生えた程度の講師・・・
  • 偶然うまくいった方法を生涯通用すると言い張る素人・・・
  • 膨大な資金が無いと勝てもしない、大手投資機関にいたディーラー・・・
  • 解説だけしか能の無い、実践では通用しないアナリスト・・・
  • 商材販売が目的で、トレーダーでも無い商材屋・・・

こういった人達が根拠に乏しい"手法"をばら撒き続けているせいで、トレーダーなら誰もが知っておかなくてはいけない原理原則・・・

それこそ、僕が学んだ世界一の投資教育機関CFGでは「基礎」として徹底的に叩き込まれる原理原則を知らないと、ほぼ100%投資で大損することになります。


原理原則を知らない人の多くが「簡単に儲かりそう」と安易に手を出してしまいがちなもので、「特に注意が必要」だと思うものをいくつかピックアップしましたので、まずは参考がてら目を通してみてください。

日本人のお家芸と言うか、侍スピリッツみたいなもので、

負=死みたいな所があります。

 

特に高度経済成長時代に育った、今の40.50.60.70代の方は(この年代をひとまとめにするのも良くないですが)

今の若者と違って負けん気の強い所があります。

 

一概に比較できないですが、ちょっとわかりやすい例で

二人の人物を登場させたいと思います。

 

 

負けん気の強い勝一(かちいち)さんと

負けてもいい負次(まけじ)さんのケースで少し考えて見たいと思います。

 

例えばこんなチャート

 

 

 

 

チャートが頂点にあたって、そろそろ反発しそうだ

勝一さんは売りでエントリーします。

負次さんも売りでエントリーします。

 

相場は予想に反して、反発せずにぐんぐん伸びて行きます。



 

 

負次さんは負けてもいいのですぐに負けを認めて決済します。

勝一さんは負けたくないので決済をしません。

 

逆を考えて見ましょう。

チャートが頂点にあたって、そろそろ反発しそうだ

勝一さんは売りでエントリーします。

負次さんも売りでエントリーします。

 

 

予想通り反発をして勝ちに転じたので、

勝一さんはすぐに決済をします。

負次さんは負けたいので、決済をしません。

相場はそのまま伸びて行き、負に転じることはありませんでした。

 

損小利大とはわかっていると思います。

まず大切な事は、勝ちたいと思わない心なのです。

 

ファンダメンタルズ分析、テクニカル分析と手法を勉強する前に、

精神状態をまずは整理することからFXは初めてほしいなぁーと思い

記載させて頂きました。

理由がよく分からないのですが、
世間ではやたらとスキャルピング(超短期トレード)が流行っているようですが、
スキャルピングは初心者さんには不向きです。

なぜなら、基本的にチャートを元にしたトレードと言うのは
「統計学」の世界ですから「大数の法則」がポイントになります。
要は「情報量が多い方が統計学としては正しくなる」って考え方ですね。

そう考えると、超短期トレードのスキャルピングの場合、
主に「1分足」を使いますから、
ティックチャート(リアルタイムレートだと考えて下さい)についで
情報量が少ない(60秒分しか無い)わけです。

つまり・・・
情報量が少ない=統計学としては信憑性に欠ける=チャート分析には不向き
と考えられます。

更に言うなら、瞬間的なタイミングを狙うのがスキャルですから、
常にチャートに向き合っておく必要がありますし、常に集中力を保っておく必要もある。

その上「判断力」がものを言うので、
集中力が切れてくると「ミスをする確立」も上がってしまうのです。
こういった総合的な観点から見ると、スキャルピングは初心者には不向きですし、
中級者も出来れば避けた方が良い・・・
ベテランが「資金効率の良さ」を求めてやるには有りだと思いますが、
1日中チャートにへばりつく覚悟は必要です。

僕はCFG(Concorde Forex Group)に通っていた頃、メンターであるスコットから
「絶対にスキャルはやるな!」と言われていましたので、
チャートマスターでは一切スキャルピングを教えていません

僕自身もメインは日足、週足で、エントリーポイントを1時間足(60分足)で、
ゆっくり判断する・・・という感じです。
要は時間に余裕があって、のんびりトレードするようにしていると言うこと。

 

 

投資助言業社から「売買シグナル」を受け取って、それを元にトレードする・・・
と言うのも多く見られます。
ここ数年は「コピートレード」とか「PAMM(パムやマム)」なんてものも
流行っているようです。

「プロトレーダーと同じことが出来る=同じ結果が得られる」
と言うのが最大の魅力で、一見すると初心者向きのように思えますが、
実際のところは全く逆だとお考え下さい。


なぜなら「配信者の意図」が分からないまま「ポジションを持たされる」ので、
少しでも逆に向かった時はストレスが半端じゃないです!
もうヒヤヒヤで夜も眠れません。
仕事をしている人だと仕事も手につかなくなったりしてしまいます。
それくらい極度のストレスがかかるんですね。

それに・・・・・・
業界的な裏を話すと、
多くの業者は「ピップスバック(手数料のキャッシュバック報酬)」というものを
狙っている場合が大半で、最初からあなたを稼がせる気なんてさらさら無い・・・
と言うのが本音。
出来るだけ取引回数を増やして
(必然的にスキャルになる)手数料がほしいだだけなんです。
こういう「確信犯的な悪意ある業者」が紛れ込んでいるので、見破るのは至難の業。。。


そもそも「他人のトレード」を黙って受けているだけでは、
いつまで経っても自分自身の成長は全くありませんから、
「生涯稼ぎ続ける能力を得る」と言う事は不可能なんです。
業者が「やめました」と言った時点で終わりです。
それ以前に「負けました・・・」となったら共倒れですからね。
こういうパターンが大半だとも聞きますし・・・(汗)

何にせよシグナル配信やコピートレードの類は、
すでにお金持ちの人がリスク分散の為にやる分には構いませんが、
初心者~中級者が手を出すべきではありません。
初心者であればこそ、今の内に「生涯稼ぎ続けられるトレードスキル」に集中した方が結果的にはお得だと言っていいかと思います。

 

 

もうね・・・これが1番最悪です。(汗)
絶対にNG。

超上級者ならまだしも、初心者がEAで勝てるはずがない。
「自動売買なんだから初心者も上級者も関係ないのでは?」
こんな声が聞こえてきそうですが、それがそうでは無いのです!

いわゆる「自動売買」と言うものは、ほぼ間違いなく勝つことは出来ません。
完璧にプログラミングされたものが「本当に作れる」のなら、
大手が絶対やっていますよね?
なのにバカ高い人件費を払って
「ヘッジファンドマネージャー」とかを雇っているのはなぜなのか?
考える必要も無いくらい簡単な答えです。

過去、1924年2月24日に運用を開始した
「LTCM(Long Term Capital Management)」というヘッジファンドがありました。

ソロモン・ブラザーズの債権トレーダーだった
「ジョン・メリウェザー」の発案によって設立され、
マイロン・ショールズとロバート・マートンという2人の「ノーベル賞経済学者」と、
FRB(アメリカの中央銀行)元副議長のデビット・マリンズを
チームに加えたこのヘッジファンドは、
「ドリームチーム」と呼ばれて世界的に注目を集めました。

ノーベル賞受賞者2人によって「数学的に正しいと証明された」ロジックである
「ブラック・ショールズ方程式」を使って運用を開始。
しかし、キックオフからわずか4年で「実質崩壊」したのです。

世界最高峰の頭脳を寄せ集めて導き出したロジックでさえ、
わずか4年しか持たなかったのは、あまりにも有名な話です。
これこそ「自動売買=システムトレード」では勝てない・・・という答えです。

ではなぜ上級者なら勝てる可能性があるのか?ですが、それは・・・
「自動売買システムを"手動(裁量)"で使い分けているから」です。
自動売買システムなのに任せていないのです。
相場の状況に合わせて最適なシステムに入れ替えて運用しているわけですね。

結局のところ重要となってくるのは「相場観」なんです。
チャートマスターが口を酸っぱくして伝えているのも、投資の原理原則と、
この「相場観」なんですね。
この点はまた追って説明していきます。

結局のところ、初心者〜中級者の方々がFXで勝つ為には
「裁量」と言う要素が欠かせないわけで、
その中でも「スイングトレード(中期)」がベストだと言うことになります。
しかし、単純に裁量を含めたトレードと言っても実に様々な手法がありまして、
どれが良いのかが難しいところ・・・
1つ1つ解説していてはいくら時間があっても足りないので、
ひとまずザックリと考えていきたいと思います。

 

 

エントリーに悩むということは、結局どこで入っていいか分からないってことなので、
必然的に「迷い」が生まれます。
そうすると怖くて一切トレード出来なくなるか、逆にポジポジ病
(ついついポジションを持ってしまう事)になってしまうかのどちらかです。
これでは「正しいトレード」どころではありません。
話しにならない状態ですからね・・・

 

 

トレーダーも当然「人間」ですから連続で負け続けると心が折れるし
自信も持てなくなります。何よりストレスがハンパじゃない。

「勝率100%」なんてのはあり得ないし不可能だけど、なるべく勝率は高い方が良い。
それはシステムとして・・・ではなく
トレーダー自身のメンタルにおいて勝率が大きく影響してくるからです。

 

 

リスクリワードとは、リスク(損失)に対してリワード(利益)がどれだけあるのか?
と言う考え方です。
1回の負けで1万円損するけど、1回の勝ちでは10万円利益が出る・・・
と言う状態なら、リスクリワード1:10 となります。
俗にいう「損小利大」と言うやつですね。

僕も過去に「勝っているのに利益が残っていない」と言う経験をしたのですが、
それは正にここに理由があり、1回の負けで5回分の勝ちトレードを
ふっ飛ばすようなトレードをしていたからです。

「リスクリワード5:1」という状態で、
さっきと真逆の「損大利小」という状態だったわけですね。
健全なトレードをする為には「損小利大」になっていなければいけないのです。

 

 

 

儲かりそう・・・つまりは「FXで勝つ!」ということばかりを考えているのは、

盾も持たずに槍だけ持って戦場に出向くようなもの。

 

先程の、勝一さんと負次さんの例も上げましたが勝とうと

貴方の私情が入ると何故か勝てないのです(笑)

それじゃ「生き残れない」わけですね。


どれだけ敵兵を倒したとしても、たった一撃でやられてしまう・・・それじゃ何の意味もないのです。

つまり、FXにおいて最も重視しなければならない事は「リスクコントロール」ということです!


これは頭で分かっている"つもり"の人はある程度おられるのですが、根本的に"理解"まで出来ている人は皆無だと言えるほどいないのが現実です。

非常に残念なことなのですが。


頭では「リスクコントロールが重要」だと思っていて口にもしているのに、やってることと言えば「やれ手法だ?」「やれ儲かるノウハウだ?」とかを追い掛け回しているのが現実。

これじゃ大損するのは当たり前なんですね。


そもそも・・・・・・・・・・

これは分かりますか?
FXなんて上がるか下がるかの二者択一しかないわけですから、証券会社の手数料を無視したら勝率5割。 ※実際は証券会社の手数料は無視できないので加味して考えなければいけません。

何にも考えなくても「負けない」のです。
何も手法なんか知らなくたって「負けない」のですよ!


つまり、FXの真相は「負ける方が異常」なんですね。


なのになぜ?

なぜ「FXで負ける人」が後をたたないのか?

というよりも何故90%の人が負けてしまうのか


それは投資における本質・・・原理原則を理解していないからで、手法やらノウハウやらを追っかけますことにやっきになって「無駄な努力」をしちゃってるからなんです。

そもそも力を入れるところ、努力をするところを間違ってる。
これが最大の原因です。

負け無いトレードとか、結局は勝たなきゃ意味ないでしょ!と言う

話ですよね。

 

リスク・コントロールや感情の話をさせて頂きましたが、

結局なんだかんだ言っても、

勝てるトレード手法がなければ、負けなくても勝てません。

勝てるトレード手法とはそもそもどんなものなのでしょうか?

実は勝つために必要な事は当たり前すぎるのですが、
負けている人と同じ事をしないという事なのです。

 

FXはお金の多数決のゲームでもっと高くなると思う人ではなく
もっと高くなると思うお金の量が多ければ多い方に相場が動きます。

 

通常やると負けてしまうのは、お金持ちと貴方の思考が違うからなのです。

 

だからぶっちゃけお金持ちの人は、
適当にトレードしてもおそらく勝ちます。

 

一般人は適当にトレードすると負けるのは先程話した通りです。

 

だからこそ、勝つ人と同じ事ができる、やり方が大切になります。
ただ、そのやり方が難しすぎると、

 

実現が不可能になります。

 

当たり前の話、メジャーリーガーのイチローと同じことができれば

みんなメジャーリーガーなのですが、

イチローと同じことが出来ません。

 

投資の世界では、難しいテクニカル分析をする事をイチローと同じ事だと思ってください。

 

だから貴方が覚えるべきトレード手法の条件は下記です。





色々言い出すとキリがありませんので、この3つを抑えて置く必要があると思います。

難しいテクニカル分析も沢山ありますが、

 


 

 

それでは早速ですがズバリでノウハウの確信に触れていこうと思います。

 

トレンド相場でもレンジ相場でも「どんな相場でも」

トレードしたい時に出来 るようにする為に、

 

「ローソク足」を使 ってトレードする手法をご紹介したいと思います。

この手法は「プライスアクションフォーメーション」トレードと言います。

その頭文字を取ってPATと読んでいます。

プライスアクションフォーメーション(以下、PAT)とは、

ロ ーソク足を使ったトレードで、

値動きを見ながらトレードする方法となります。

 




ピンバーと言うのは、上ヒゲや下ヒゲのローソク足のうち、

一定の条件を満た したものをピンバーと呼びます。

下記の図をご覧下さい。

 

 

 

 

これが「ピンバー」と呼ばれる形のキャンドルで、
実体(四角い部分)に対してヒゲ(棒の部分)が約3倍以上の長さに伸びているものを
ピンバーと呼びます。

で、ここ重要なことなのですが、ピンバーと言うのは「反転のシグナル」です。
ですからピンバーをシグナルとしてエントリーするのは、値動きが反転するタイミングを狙って
トレードする方法になります。

具体的にどういうタイミングでエントリーするかと言うと、

 




このタイミングでエントリーしていくことになります。

 

実際のチャートを見てきましょう。

 

 

 

 

はい。これだけです。 シンプルですよね?

買いのピンバーなら
実体を超えた(ブレイクアウト)タイミングでロング(買 い)でエントリーし、

売りのピンバーなら
実体を抜けた(ブレイクアウト)タ イミングでショート(売り)でエントリーするだけ。

エントリーポイントが非常に明確なのが大きなポイント。
ロスカット(損切り)はピンバーの「ヒゲの先端」に置いて、後はチャートを追いかけて
ロスカットポイントをスライド(トレーリングストップ)していけばOKという、
めちゃくちゃ簡単なトレードとなっています。

こちらも実際のチャートを使って説明しますね

 

 



 

 

上記のような感じですね。
これ(ロスカット設定)も非常に明確で簡単ですよね?

後に掲載する例をご覧頂ければ分かりますが、
この位置でのロスカットと言う のは非常にリスクリワード比が良くなります。

「損小利大」ってやつですね。
明確なロスカットで損小利大が実現できるわけなので、
損失が膨らんだりする ことへのストレスはほとんど感じなくて済むようになります。

2つの移動平均線の上にあるのか?

それとも下にあるのかと言うのがエントリーの基準となります。

 

売りの場合と、買いの場合でルールを説明します。

 

ルールはたったの4つしかありません。

 


 

 

 

 

では買いの場合からチャートを見ていきましょう。


ルール1
移動平均線の上で
下のヒゲが長ければアップトレンドのサインだから買い

[補足説明]
黄色の横に長い線と水色の横に長い移動平均線より上なのか下のなのかを見極める

下記の図の場合は上にある事が確認できますよね?

 

 

 

ルール2
ヒゲが移動平均線にあたってる

この状態でヒゲが、水色の線、黄色の線もしくはその両方に当たるとエントリーできるサインが出た

と考えてください。

 

 

 

ルール3
高値を超えたら買いのエントリー

ヒゲが当たってサインが出たら、次のキャンドルで、前のキャンドルの高値を超えたら

エントリーします。

 

 

 

ルール4
決済はストップ:リミットが1:1

ストップは先程説明したとおり、ヒゲの所

 

 


リミットですが、ストップの量と同じだけリミットをおきます。

ストップが30ピップスならリミットも30ピップスです。

 

 

 

 

このように、ピンバーは様々なシーンにおいて有効に機能しますし、
リスクリ ワード比も勝率も両方に優れたトレード法なんですね。

 

その上ここまでご覧頂いたように「超シンプル」なトレードが
ピンバーを使ったプライスアクションなのですが、

 

エントリーする際に注意して頂きたいこと があります。


それは、ピンバーが発生してからエントリーまで結構時間がかかる。

という点です。 FX初心者の方だと、ここを我慢できずにフライングしてエントリーしちゃったり
するわけですが、ここは注意が必要です。


先程も少し話しましたが、ピンバーは反転のシグナルです。

そして相場の反転には時間がかかるものなのです。


買いの勢力と売りの勢力が拮抗して、狭い値幅でウダウダする時が多々あるの ですが、
それは最後の戦いが行われているという証拠で、その間にたまったパワーがブレイク後に
一気に吹き出す・・・と言うのが特徴。

 

 

と言うのが多くの人の見解かなと思います。

実は何名かにページを見せたんですが、こんな説明では分かりません!

と言われてしまいました。

 

売りの場合のルールも図解で説明しようと思いましたが、

興味を持って頂いたのでしたら、動画の方がわかりやすいと思いますので、

動画で説明します。

 

 

買いの場合、売りの場合

PATトレード4つのルール動画説明完全版

 

 

 

 





これがピンバーの特徴ですから、僕は普段からチャートチェックは時々行うだけで、
ピンバーが出そうなチャート形状だったり(これはまた別途説明します)、
ピンバーが出そうだけど狭い値幅でウダウダう拮抗していたりした場合は、
アラーム(決めたポイントで携帯に通知が来る設定)を入れて遊びに行ってしまいます。(笑)
で、しっかりブレイクしたらスマホとかで外出先からエントリーするわけです。





むしろ張り付いていてはポジポジ病になりかねないので、状況だけチェックしたら、
むしろ後は見ない方が良いのです。

さて。 ここまでは良いですか? しっかりついて来れていますでしょうか?

 

その前に…

プライスアクションを使う前と使った後の変化についての

動画があるので見てください。

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

上記は動画を切り取った写真ですが

言っている事は、プライスアクションがブレイクするーであり、

最終的にはエントリーの決めてはプライスアクションが、ベストだと。

そして覚えた事によって世界が変わったと言うことです。

 

えっ写真なの??と思うかも知れませんが、
もちろん動画もあります。

実際にこの手法を使っている人インタビューを取ってきました。

 

 

 

 

世界が変わっった・・・・

 

 

 

実際に僕自身がトレードしている動画もみてください。

 

 

 

 

 

「はい…」ある程度はと言うのがこのページを一生懸命読んで

頂いた貴方の正直な感想では無いでしょうか?

 

実際この手法で僕たちは勝っています。

 

しかしこのままですと貴方はおそらくFXをやったとしてもこの

テクニカル手法を使わないでしょう。

 

それは一番最初に話した仮想通貨などと一緒で、

よくわからないから信頼性がない状態だと思います。

結局過去に勝っていると言うのは重要な要素ですが、

貴方が一番体験したいのは、過去ではなく、

今日エントリーする自分が勝てるのか?どうか?

そして、その方法が合っているのかどうかだと思います。

「どういうことですか?根崎さん…やっぱり教材??」

 

いえいえそういうことではありません。

 

僕もお金を頂いてお客様を指導しているのは事実です。
そして、今日お話したPAT(プライスアクション)もお客様に
教えている手法と同じです。

 

つまり30.40万のものをホームページで普通に公開してるのです。

なぜそんな事をするのかと言うと3つの理由があります。

 

 

  • 紹介してくれた人にふざけたページ案内させたくないから
  • このページは私の友人のどなたかの紹介で読んでいると思います。
    よくあるワンクリックとか、自動とか嘘を付きたくないのです。
    ありのまま真実を書くことにより、紹介してくれた人に報いたいのです。

  • 世界を一ミリでもいいから動かしたいから
  • トレード手法と言う物は教える必要性は通常ありません。
    しかし、それをお客様に教えている場合は違います。
    賛同者、つまり同じトレード手法を信じて多くの人が使えば
    勝率はどんどん上がって行きます。
    だからこそ紹介しています。

  • 貴方にFXで負けてほしくないから
  • トレード手法と言う物は教える必要性は通常ありません。
    貴方にFXで負けてほしくないから
    僕のページをここまで読むには20.30分の時間がかかっていると
    思います。
    そんな貴方に正真正銘本当の事を教えたいのです。

実はこのページで隅から隅まで公開するか非常に迷いました。

貴方にFXで負けてほしくないという事は事実ですが、その一方で手法が世に

出回ることはいいとこでもあり、

 

一つのリスクもあります。

 

良いこと

良いことは、多くの人が同じ手法を使えば、大きなお金が動くことになるので、

実は勝率が上がります。

 

しかし、一方で僕らのエントリーポイント、リミット、決済がバレるという事は、

それを逆手に取って使えば、

僕らが本来決済をする前に決済をされてしまったり、すると相場が変わってしまう危険性が

あると言うことです。

 

下記のチャートを見てください。

一方はエントリーして勝っていますが、一方はエントリー出来来ていません。

 


ケース1

 

 

 

 

ケース2

 

 

 

 

 

 

何が違うのか?

書いてありますが(笑)

僕らはある時気づいたのです。

 

移動平均線の使う日数で勝率が変わると言う事に…

同じ黄色と水色の線なので、同じものじゃないの?と

思う方が多いですが、全く別の移動平均線を使用しています。

 

今回、見ていただいた動画では、本当にFXに詳しい人なら説明しなくても

何日の移動平均線を使っているか実は分かると思います。

 

別に本気で隠そうとしている訳ではなく、いまわざわざ話す必要がないと感じただけです。

 


パッタ見ただけで分かる様になるトレード手法がパット(PAT)ですが、
通常の人はこのホームページだけでは概要は分かってもエントリーまで
行けないと思います。

理由は、確信が無いからです。

 

又移動平均線の使っている日数についても、勉強会では隠すことなく全てを教えて行きます。

 

ですから、貴方の目の前で、その日のレートとチャートポイントを使って
エントリーしてみませんか?


もちろん、デモトレードでも本物のお金でもそれは貴方におまかせします。


しかも参加費用は無料で開催させて頂きます。

 

 

 

 

当日勉強会の会場に来て頂いたら、
FXの手法についての講習を60分程行いますので、

その後、実際に貴方のスマホ(携帯)、もしくはパソコンを使って、
エントリーポイントとリミットを実際に出してもらいます。
もし分からない事などがあればその場で直接根崎に質問をして全てのお悩みを解決させて頂きます。
※もしエントリーポイントを見つけたら、そのままエントリーして頂いても
いいですし、帰宅してからエントリーして頂いても構いません。

では一体どのようにPATプロジェクトに参加するのか?
参加方法は簡単です。

下記に会場と日程がありますのでお選びください。
ノウハウをきっちりと学んで頂くために、
グループセミナー形式を採用させて頂きます。
※ グループセミナー形式とは、ただ聞くだけではなく、参加することによりよりノウハウへの理解度が深まるセミナー形式です。


先程説明しましたとおり、ご都合の良い会場をお選びください。
会場選択後、簡単な動画をお届けいたしますので、当日までにご覧になってください。
(※セミナー当日に来る際の、電車の中とかでも構いません。)

セミナー当日は、スマートフォン(携帯)又はパソコンをお持ちください。
根崎がしっかり稼げるように、当日のチャートを使って説明します。
(チャートが動いていない時は、前日の物を使用します。)

今回のPATプロジェクトですが、
私も時間とお金を使って貴方に無料で指導する内容ですが、

 


同業者の方はノウハウ流失の恐れがありますのでご遠慮させて頂きます。



FXの証券口座を使って取引しますので、口座を作れない方はご遠慮ください。
(まだ口座を持っていないという方は無料で作成可能なので問題ありません)
おすすめGMOクリック証券



投資金額が10万円用意できない方(5万円でも構いませんが1000円などと言う方はお控えください)
投資するお金がなければFXは成立いたしませんので、
投資する金額が無い方はお控えください。


以上に当てはまる方、類似する方のご参加はご遠慮しております。
セミナーの運営を邪魔する方も同様にご遠慮させて頂きます。


上記に当てはまらず、根崎の手法を聞きたい方は下記の会場からお好きな場所をお選びください。

※勉強会となりますので、最低人数に達しない場合はお客様へご連絡後、
別会場への移動のご案内を行わさせて頂きます。
又登録後、私のご連絡先を明記してありますので不明点等ございましたらご連絡ください。

ご参加前にご質問がある方は、こちらへメールしてください。
題名「PATトレードの件」
semi★chart-ma.com
(★を@に変えてください)

参加希望の方は、下記から希望の日程を選びその下にあるフォームに必要事項を
記入してください。
貴方へのご連絡の為に必要な項目なので、全て記入をお願いします。

 

 

 

トレードを少なくすることは・・・働く時間が少なくて自由な時間が増える


それでは、今すぐ下記のPAT勉強会参加フォームから無料で参加登録してください。

 


開催場所 日程 時間 定員
渋谷 2017年4月27日 (木)14時~17時 渋谷駅付近残り10人
2017年4月27日 (木)18時~21時 渋谷駅付近残り15人
2017年4月29日 (土)10時~13時 渋谷駅付近残り13人
2017年4月29日 (土)14時~17時 渋谷駅付近残り10人
2017年4月30日 (日)10時~13時 渋谷駅付近残り15人
2017年4月30日 (日)14時~17時 渋谷駅付近残り12人
福岡 2017年5月28日 (日)10時~13時 博多駅付近残り10人
2017年5月28日 (日)14時~17時 博多駅付近残り11人
2017年5月29日 (月)14時~17時 博多駅付近残り9人
2017年5月29日 (月)18時~21時 博多駅付近残り13人

 

※重要
※本ページにて参加登録後で、セミナー本申し込みが完了となります。 本登録後に、自動返信メールにてセミナー会場等の詳細をお送りさせていただきます。 お申し込み後に必ずご確認ください。セミナー登録後にキャンセルされる場合は、必ずご連絡ください。(連絡先は登録後メールに記載)無断欠席は必ず5000円のキャンセル代金を請求させて頂きます。
セミナー登録して頂くと株式会社チャートマスターが発行しているメールマガジン(無料)に代理登録されます。登録されたメールマガジンはメールマガジン文末よりいつでも解除することが出来ます。お客様にご入力頂きました個人情報は国が定める個人情報取扱いに関する法令、指針に従い遵守します。またご入力頂きましたメールアドレスへは上述のメールマガジンの配信の他、お客様への御連絡の目的でのみ使用します。 又ASP運営元である(株)ドリームスタイルが発行するメールマガジン(無料)及びトップインベストアフィリエイトセンター購入者通信(無料)に後日代理登録されます。登録されたメールマガジンはメールマガジン文末よりいつでも解除することが出来ます。お客様にご入力頂きました個人情報は国が定める個人情報取扱いに関する法令、指針に従い遵守します。またご入力頂きましたメールアドレスへは上述のメールマガジンの配信の他、お客様への御連絡の目的でのみ使用します。

 

 

私みたいなFX初心者が参加しても本当に大丈夫ですか??
安心してください。FXトレード未経験の初心者の方でも全く問題ありません。
初心者の状態で私に出会えたことはとても運がいいと思います。
経験上、私の所にたどり着く場合は、多くのノウハウにお金を使ったり、
FXで負けてどうしようも無くなった状態の人が多いです。
しかし、初心者でまだ未経験にあなたであれば、損することなくしっかりとした
トレードを学び利益を上げることが出来るでしょう。
初心者だからと言って気負いせずに、初心者の状態で根崎にあえてラッキーと思って堂々と胸を貼ってセミナー会場にお越しください。
私は必ず稼ぐためのFXを教えましょう。

稼ぎたいです。
あなたの気持ちは重々わかります。ぜひ稼ぎましょう。
稼ぐために大切なことは3つです。その3つは非常にシンプルです。
私が教える方法を行い3つの行うシンプルに行ってください。必ず稼げますよ。
でもあきらめないでくださいね。初めは難しいこともあるかもしれませんが、
しっかり学びなれてしまえば、あなたは一生相場という貯金箱から
永遠にお金を引き出し続けることの出来るスキルと手に出来ます。
もう人生が劇的に楽しくなると言っても過言ではないですよ。稼ぎましょうね。

検証が面倒くさいです。検証って大事ですか?
確かにめんどくさいでしょう・・・私が極力簡単な検証方法を教えするので、
そこだけは絶対に実践して欲しいです。少しだけ作業が入りますが、
少しだけ我慢してやってください。そんな大変で面倒な検証ではありません。
やろうと思えば小学生で出来ます。

デモとトレードでは勝てるのですが、
リアルに移ると勝てません。どうしてでしょうか?
それは心の問題ですね。やはりリアルになると感情がどうしても動いてしまいます。
なので面談ではデモからリアルに移行してもしっかり勝てる心のコントロール方法もお伝えしますね。

実は、恥ずかしいのですが5年もFXをしています。でも成果が出ません・・・
恥ずかしい事はありませんよ。
あなたのように長い間稼げすにさまよっている人は沢山います。
しかし私に学び稼げるようになった人も沢山います。
今のあなたはやり方が間違っているだけです。
私が正しい方向に導くことで今までの5年間が嘘だったような結果を手にして頂けると思います。期待しててください。

小さくは勝てるのですが、大きく負けてしまいいつも資金が無くなります。
なぜでしょうか?
そんなあなたには「PAT」をぜひとも実践して頂きたい。
大きき勝って負けは最小限に押さえる。
視点を変えるだけで簡単に覚えることができるので
面談を楽しみにしていてください。

何か必勝法があるのでしょうか?
んーー正直、最強に必殺必勝方はありません。
しかし、しっかりと常勝することは確実に出来ます。
私は必殺に必勝法ではなく、常勝することを常に意識してFXをしています。
あなたも必殺ではなく、常勝するためのFXを学びませんか?
絶対にソッチのほうが勝てますよ。

根崎さんもその辺と同じ詐欺師と同じですよね?
違いますよ。私は絶対に詐欺師ではありません。
疑わしいのあれば会いに来てください。
逃げも隠れもしません。疑いは一気に晴れると思います。

本当に無料で学べるのですか?
もちろんです。あとからやっぱり面談会を有料にします。
なんてことは決していいませんのでご安心ください。

どういったノウハウでしょうか?
簡単言えば、少ないトレード回数で、大きくな利益を稼ぐノウハウです。
なるべくライフスタイルに負担を掛けることなく
スマホで楽して自由に稼ぐことを目的にしたノウハウです。
中身については面談会で全てお伝えします。

必要な最低運用資金はいくらからですか?
証券会社が対応している最低ロットから参加可能です。
ただ、納得のいく利益を出して頂くためにも、
10万円~のスタートをお勧めしています。

日中はチャートを見る暇がありません。
それでも実践できますか?
相場は平日の早朝~週末の朝方まで動いていますので、
夜しかトレードできない・・・といった方でも、全く問題はありません。
そもそも、相場の原理原則をしっかりと学び・理解すれば、
時間帯がどうとか時間足がどうとかは、さほど大きな問題ではありません。

証券会社(口座開設)の指定はありますか?
特にありません。
日本でも海外でもお好きな証券会社でトレードしてもらって結構です。
ただ、僕のお勧めとしては、「DMM証券」もしくは「GMO証券」です。

推奨の通貨ペアはありますか?
特にありません。
ご自身の好きな通貨ペア、もしくは僕が相場の状況をメール等でご紹介した時は、
それらの情報を参考にしてもらえればOKです。

トレード頻度はどの位ですか?
僕は月に3~7回程度のトレードをしていますので、
同じく月3~7回の無理のないトレード回数をお勧めしています。

 

 

上記は、皆様から頂いた質問をまとめたものです。
ご質問は全て回答しますので、不安や疑問がある場合は必ずご連絡ください。

詳しい連絡先は下記の記載しています。
特に質問がなくても気軽にご連絡頂いていいのでご連絡お待ちしてます。

 

 

 

 

最後に

長い長いメッセージに最後までお付き合い頂いてありがとうございました。

お伝えしたいことが多すぎてメチャクチャ長くなってしまいました。

なんだか申し訳ないです。

 

しかし、あなたに伝えたい事は全て伝えました。

そして、僕が面談であなたを稼がせると約束した思いは

十分に伝わったのではないでしょうか。

 

ただマニュアルを渡して終わりの関係でなく、

リアルな場で実際に僕が横について、

理解できるまでしっかりお伝えする環境が必要だったので、

このような「グループ面談」という形式を取らせて頂きました。

 

この環境があなたの望んでいたものかどうかは分かりません。

 

あなたが自分の現状を何としても変えたい…

そして本当の意味での自由を手にしたい…

例え小さくとも何かの役に立ちたい…

 

そうお考えであれば、きっとその第一歩になるとお約束させて頂きます。

 

あなたの1歩であなたの人生が決まります。

 

参加受付期間が終了する前に、ぜひその1歩を踏み出してみて下さい。

後は僕が責任を持って、あなたを新しい世界にお連れするとお約束致します!

 

 

 

開催場所 日程 時間 定員
渋谷 2017年4月27日 (木)14時~17時 渋谷駅付近残り10人
2017年4月27日 (木)18時~21時 渋谷駅付近残り15人
2017年4月29日 (土)10時~13時 渋谷駅付近残り13人
2017年4月29日 (土)14時~17時 渋谷駅付近残り10人
2017年4月30日 (日)10時~13時 渋谷駅付近残り15人
2017年4月30日 (日)14時~17時 渋谷駅付近残り12人
福岡 2017年5月28日 (日)10時~13時 博多駅付近残り10人
2017年5月28日 (日)14時~17時 博多駅付近残り11人
2017年5月29日 (月)14時~17時 博多駅付近残り9人
2017年5月29日 (月)18時~21時 博多駅付近残り13人

 

※重要
※本ページにて参加登録後で、セミナー本申し込みが完了となります。 本登録後に、自動返信メールにてセミナー会場等の詳細をお送りさせていただきます。 お申し込み後に必ずご確認ください。セミナー登録後にキャンセルされる場合は、必ずご連絡ください。(連絡先は登録後メールに記載)無断欠席は必ず5000円のキャンセル代金を請求させて頂きます。
セミナー登録して頂くと株式会社チャートマスターが発行しているメールマガジン(無料)に代理登録されます。登録されたメールマガジンはメールマガジン文末よりいつでも解除することが出来ます。お客様にご入力頂きました個人情報は国が定める個人情報取扱いに関する法令、指針に従い遵守します。またご入力頂きましたメールアドレスへは上述のメールマガジンの配信の他、お客様への御連絡の目的でのみ使用します。 又ASP運営元である(株)ドリームスタイルが発行するメールマガジン(無料)及びトップインベストアフィリエイトセンター購入者通信(無料)に後日代理登録されます。登録されたメールマガジンはメールマガジン文末よりいつでも解除することが出来ます。お客様にご入力頂きました個人情報は国が定める個人情報取扱いに関する法令、指針に従い遵守します。またご入力頂きましたメールアドレスへは上述のメールマガジンの配信の他、お客様への御連絡の目的でのみ使用します。