実践記10 8月の振り返り ~腑に落とすこと~

何故ダウなのか?

PB・EBなのか?

何故チャートパターンで相場の方向性がある程度予測できるのか?

そもそも何故、移動平均線(MA)が仕掛けの底辺にあるのか?

何故MAを抜けるとまた戻るのか?なぜ弾くのか?

なぜMAを大きく離れてもやがて平均に近づくのか?etc…

 

 

???がいっぱいで学びを続けてた7月。

 

CMAの門を叩き、初めて投資の世界に足を踏み入れてから

仕掛けに隠された王道というか根本をもっと深く理解したくて

何が根本にあるんだろうかを7月から更に深堀りした8月でした。

 

試しに移動平均線の無いチャートでデモトレードをしまくった。

 

真っ暗闇を手探りで進むようなものであるということがよくよく解った。

僕の中ではMAは太陽級の明かりであることも判った。

全く方向性が判らない相場でトレードすることが、

いかに危険極まりない無謀な挑戦であるかも、よくよく解った。

 

エントリー~トレーリング~利確(損切り)

トレード全てに深く関わる「ダウ・移動平均線(グランビル)

についてもっと勉強せねば!

 

「まずはMAをマスターせねば!」

 

前回の実践記「散々な結果・・・」では触れてないが、その後

移動平均線について深く理解しなければ・・と思ったキッカケであった。

 

もちろんそれだけ落とし込めば良いわけではないと思うが

8割以上はすべての技術の幹であることも肌で感じた。

 

基礎の基礎だから、ネットで検索できるし、ある程度知った以上の研鑽は

自分で落とし込まなければ身に付かないとも理解した。

お盆休みの最中には、「基本は最強、基本は不動・普遍」であることが解ってきた。

 

それを腑に落としつつ、肉付け(フィルターを増やす)をしていけば

根崎さんの言う「楽なトレード」と言われる、「自分流のトレードスタイル」

が築けることが、おぼろげながら見えてきた、遠回りのようで大切な

番外編とでもいうか、オプション武者修行の8月であった。

 

レポートにまとめることを疎かにしているのが反省点であるが

とにかく、少しの時間を縫っては、「はっ!」と感じたことを忘れないうちにすぐ、

過去検→デモで確認・検証の繰り返しが近況でありんす。

 

実家のドタバタが落ち着いた9月中旬以降には

本格的なデモ実践記が報告出来る頃と思います。

 

~追伸~

CMAに仲間入りしてから投資の括りを超えて

「気付く」という「学び」をたくさんさせて戴いております。

スタッフ・仲間の皆さまあっての自分なんだなと

改めて人の財産の価値を感じました。

 

お金に換えられないプライスレスの価値です。

僕はCMAに巡り合えて本当に幸せです(*‘∀‘)

ありがとうございます!



4 comments

  • sasao19

    そう言っていただけると、とてもあり難いです。
    本当の基本は実際にお金が入ってできるローソク足にあると僕は思っていますので、チャートパターンなどの検証も状況整えば進めていってください。

  • 根崎 優樹

    超いいですね~~!!!

    MA検証やってみてくださいっ!

    • 根崎さんはいつも温っかい(もちろん、ささっちさんも)

      師匠と呼べる人は、数えるくらいしかいない中で
      CMA、根崎さん・ささっちさん、
      陰で支えてくださっているスタッフの皆さんは
      僕の中で選択が間違いなかった投資の師匠です。

      質問・発言が少ない期間は、学んだことに答えを出すための
      ダイバジェンスみたいなもんだと思っててください。

      ひたすら水面下で試行錯誤の検証をしまくってます!(^^)!
      時間がないなんて言い訳をして自分に負けたくないですからね

      忘れてませんよ、最強のトレーダー集団!

コメントを残す