EB ドル円検証4時間足 2005~経過報告

みなさんおはようございます。

もぅ仕事休む気満々なダースプリダーです。(行きますけど)

昨日の朝からドル円4時間足EBの検証に取り掛かりました。

途中経過ですけど、成績を載せさせていただきます。

開始金額   10000ドル

決済ルール  PB、EB、ダウ理論によるストップ切り上げ、20pipsによるストップ建値決済は今回は行わない
       但し、ストップの幅が20pipsあたりの場合は同等ぐらいにきたら建値に切り上げ
       ストップの幅に対して7~8割ぐらい利益が伸びてきたら建値に切り上げ
       ストップの幅がとても広い時でも40pipsぐらい伸びてきたら建値に切り上げ

 期間     2005.01.01~2007.04.23(863日)

 通貨ペア           ドル円

 時間足            4時間足

 リスク                 2%

 トレード数                   190回

 勝率            51%  (95勝91敗4引き分け)

 最大連続勝ちトレード            6回

 最大連続負けトレード           5回

 利益            11239ドル

 純利益         28990.95ドル

 純損益         17751.17ドル

 最大ドローダウン     2698.54ドル

 プロフィットファクター         1.63

 最大使用ロット          21

 

検証してて思ったこと


う~ん、そうですねぇ……やはり日足に比べて単純にトレード回数が激増しました。
でもダマシに遭うこともさらに増えるので検証80回目ぐらいまでは開始資金よりマイナスになってました。
ですがやはり所々で、狭い損切り幅=ロット数大、そして爆益という全てのマイナスを奪い去ってしまいかねない一撃が所々で且つ、日足よりも多く見受けられました。

今日からこの現象を「ドル円恐怖の一撃」と名付けようと思います(笑)


おかげで金額が2年半弱で現在開始資金の2倍になっております。

検証回数も課題に出された100回より多めになってるのですが、期間がまだ2年半であることと、今後の応用ルールのために、データは多くあったほうが良いと思うため、もうしばらく回数をこなして土台作りに励もうと思います。

まぁかなりの利益になってるのでこの基本ルールでデモを開始しても……とは思うのですが期間の短さが気になるので(あくまで私の物差しでの話です)
4時間足基本ルールでのデモトレはもう少し納得いくまで検証してからにしようと思います。

では引き続き検証がんばりまっす。

皆さんも大変かもしれませんがお互い頑張りましょう。

自分も皆さんの実践記を見て励みにして頑張らせてもらっております。


ありがとうございますm(_ _)m



2 comments

  • 根崎 優樹

    >>今日からこの現象を「ドル円恐怖の一撃」と名付けようと思います(笑)

    笑いました(笑)
    続けてください!
    他の通貨ペアでやってもいいと思います。

  • ダースプリダー

    根崎さん

    笑ってくれてありがとうございます(笑)

    ドル円4時間、1時間が終わったら次はユーロドルに取り掛かろうと思っています。
    チャートパターンでの応用に活かせるようこのMAルールを納得いくまで検証して自分の中にしっかり落とし込んでいきます。

コメントを残す