ブログカテゴリ

2020.10.28の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日はNYダウが222.19ドル安と下落しています。

フランスでは新型コロナの感染拡大を抑制するために

1か月間全国的な都市封鎖措置を検討しているとの報道が出てきました。

部分的な制限が今まで欧州ではありましたが、

再度ロックダウンする国は初めてなので

今後、他の国でも出てくるのかもしれません。

さすがに1回目のコロナほど乱高下はしなくても

荒れる材料にはなるのでポジションと損切りには注意していきましょう。

僕は昨日3戦して3勝といい感じでトレードを終えています。

10月まであと少しですから利益を減らさなにようにしていきたいところです。

それでは本日の相場分析をしていきましょう。

EURJPY 1時間足

EURJPY 1時間足

現在、前回の安値を抜けて下落していますね。

問題は122.45円で止まるかどうかという点です。

122.45円を抜けるようだと300Pipsぐらい下落する可能性が出てくるので

楽しみではありますが、反発するようだと124.90を上限とした

レンジ相場になるかもしれません。

とりあえずは122.45円でどうなるのかだけに注目して

下抜けしたら戻り売り、反発したらどこまで上昇する可能性があるのかを

考えてトレードをしていきたいですね。

 

2020.10.27の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日はNYダウが650ドル安となり株価が荒れる展開となりました。

テクニカル的には高値で売られただけとも思えなくはないですが、

26500ドルを割るような動きを今後してくるようだと

注意が必要になってきます。

アメリカ大統領選挙が近づいている中

郵便選挙が法廷闘争になるのではという考え方が6割を超えているみたいで

大統領選挙後も荒れるのかもしれません。

ヨーロッパではコロナの影響でロックダウンまでではないが

夜間外出禁止や飲食店の営業時間の制限など

国々が対応し始めており世界経済への影響が出てくる状況になってきています。

昨日は1トレードをして1勝となりました。

10月も今週で終わりになるので気を引き締めて利益を増やしたいですね。

それでは本日の相場分析をしていきたいと思います。

USDJPY 1時間足

USDJPY 1時間足

現在は105.05円付近のレジスタンスで抑えられて

下落し始めている環境ですね。

わかりやすい展開だと思います。

問題はサポートラインがどこで反応するかになります。

このまま下落して104円前半のサポートラインまで

下落することも考えられますし

104.65もしくは104.55付近のサポートラインで止められて

いったん上昇することも考えられます。

下落目線で考えるのであれば105.05付近のレジスタンスを超えないことが

大前提で考えたいので105.05円で再び反発するようであれば

ショートをしていきたいですね。

レンジ相場になるのか注目しながらチャンスを待ちましょう。

2020.10.22の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日はNYダウが小幅安となって終わりました。

クドロー国家経済会議委員長やペロシ下院議長が

追加経済対策の合意に向け楽観的な見方が示されると大きく上昇しましたが、

大統領首席補佐官がまだ多くの相違が見られると慎重な見解を示したことで

NYダウは引けにかけて下落しました。

期待が大きかっただけにドルが大きく売られており

わかりやすい相場だったように思えます。

また、もう一つの注目材料としていた

イギリスとEUの合意離脱なのか合意なし離脱なのかの問題で

交渉を再開で11月中旬の合意を目指すというニュースが入ってきました。

このことによりポンドが急上昇し荒れた展開となりました。

正直GBPUSDでドル売りをしたかったのですが、

いつEUとの交渉が不成立というニュースが飛び込んでくるか

分からなかったのもありGBPではなくEURでトレードをしたのが

少し悔やまれます。

僕の昨日のトレードは2戦して2勝となり

かなり利益を上積みすることができました。

昨日は納得のトレードだったと思います。

それでは本日の相場分析をしていきたいと思います。

USDJPY 1時間足

USADJPY 1時間足

昨日は105円のサポートを下抜けすると一気に下落しました。

わかりやすい相場となりました。

104.95円からはサポートらしいサポートがなかったため

一気に104.40付近まで下落し現在は反発をしているという環境です。

このまま一旦104.80~104.95付近のレジスタンスまで戻ってきて

また反発するようだったらショートを考えたいですね。

USDJPYが下がるときは円通貨が下落というよりは

ドルストレートが下落しています。

ですので環境認識としてドルストレートがどこまで反発するのかも

考慮するとさらに勝ちやすくなるかと思います。

2020.10.21の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日は民主党のペロシ下院議長が追加経済対策を巡り

早くて本日中に合意を目指すとの報道で

アメリカ株価は上昇、ドルは下落となりました。

この合意期待がどうなるかでまたドル買い、

株安へと動くような気がしています。

アメリカ大統領選挙もバイデン氏がかなりリードをしており

明日予定されているテレビ討論会でどこまでトランプ大統領が

巻き返すかそれともバイデン氏が差を広げるかが焦点となっています。

世界的にコロナ感染が増えてきており、経済との両立を目指してはいますが、

難しい状況で、経済を止め始めている国も出てきています。

今日、明日はアメリカのテレビ討論と追加経済対策で

振り回される可能性がありますので、確実に損切りは入れておきましょう。

僕は昨日6戦して3勝3敗でした。

ヨーロッパ時間の始めにかなり振り回されてしまい、

不安定なトレードをしてしまったことが後悔ですね。

もっと慎重にトレードをしないといけないと改めて考えさせられました。

それでは本日の相場分析をしていきたいと思います。

EURJPY 1時間足

EURJPY 1時間足

昨日はUSDJPYは下落しましたが、

ドル安だったためEURUSDが大きく上昇した影響を受けて

EURJPYは上昇しましたね。

現在ちょうどレジスタンス付近まで上昇してきており

上昇できたとしても30pips上の125.10付近が意識されてくるでしょうね。

今は124.60~125.10付近でレンジになる可能性もありますので

レンジになりそうであればレンジ下限でロングを仕込みたいですね。

EURJPYではなくて素直にEURUSDで

トレードをした方が勝ちやすいかもしれませんが

通貨通貨でトレード戦略は変わりますので、

どうすれば負けにくいかを考えてトレードをしていきましょう。

トレードがしたいからとトレードはしないように。

 

2020.10.20の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日はNYダウが大きく下落し410ドル安となりました。

アメリカではコロナが警戒されての下落なのか、

追加経済対策への失望での下落なのか。

アメリカ大統領選挙前だから荒れているのか。

理由を挙げようとすればいくらでもあげれます。

ただ、大統領選挙まではどうしても荒れると思いますので

注意だけしましょう。

イギリスも合意なき離脱になるのか注目しておきましょう。

昨日は僕は1トレードだけしました。

結果は1勝です。

先週の木曜日ぐらいから大きく動くようになったので

トレードがやりやすくなりました。

今日もチャンスがあればトレードを積極的にしていきたいと思います。

それでは本日の相場分析をしていきましょう。

USDJPY 1時間足

USDJPY 1時間足

現在は105.60円付近のレジスタンスで止められているといった印象です。

このレジスタンスを抜けれると105.80円付近まで

上昇する可能性が出てきますが、

上値も重いし下値も堅いというのが今後も続くのかもしれません。

今は105.60円でショートを考えるか。

105.80円でショートを考えるかをチャートを見て

そのときそのとき判断しながらトレードをしていくしかなさそうです。