0年 0月 の投稿一覧

2020.10.22の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日はNYダウが小幅安となって終わりました。

クドロー国家経済会議委員長やペロシ下院議長が

追加経済対策の合意に向け楽観的な見方が示されると大きく上昇しましたが、

大統領首席補佐官がまだ多くの相違が見られると慎重な見解を示したことで

NYダウは引けにかけて下落しました。

期待が大きかっただけにドルが大きく売られており

わかりやすい相場だったように思えます。

また、もう一つの注目材料としていた

イギリスとEUの合意離脱なのか合意なし離脱なのかの問題で

交渉を再開で11月中旬の合意を目指すというニュースが入ってきました。

このことによりポンドが急上昇し荒れた展開となりました。

正直GBPUSDでドル売りをしたかったのですが、

いつEUとの交渉が不成立というニュースが飛び込んでくるか

分からなかったのもありGBPではなくEURでトレードをしたのが

少し悔やまれます。

僕の昨日のトレードは2戦して2勝となり

かなり利益を上積みすることができました。

昨日は納得のトレードだったと思います。

それでは本日の相場分析をしていきたいと思います。

USDJPY 1時間足

USADJPY 1時間足

昨日は105円のサポートを下抜けすると一気に下落しました。

わかりやすい相場となりました。

104.95円からはサポートらしいサポートがなかったため

一気に104.40付近まで下落し現在は反発をしているという環境です。

このまま一旦104.80~104.95付近のレジスタンスまで戻ってきて

また反発するようだったらショートを考えたいですね。

USDJPYが下がるときは円通貨が下落というよりは

ドルストレートが下落しています。

ですので環境認識としてドルストレートがどこまで反発するのかも

考慮するとさらに勝ちやすくなるかと思います。

2020.10.21の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日は民主党のペロシ下院議長が追加経済対策を巡り

早くて本日中に合意を目指すとの報道で

アメリカ株価は上昇、ドルは下落となりました。

この合意期待がどうなるかでまたドル買い、

株安へと動くような気がしています。

アメリカ大統領選挙もバイデン氏がかなりリードをしており

明日予定されているテレビ討論会でどこまでトランプ大統領が

巻き返すかそれともバイデン氏が差を広げるかが焦点となっています。

世界的にコロナ感染が増えてきており、経済との両立を目指してはいますが、

難しい状況で、経済を止め始めている国も出てきています。

今日、明日はアメリカのテレビ討論と追加経済対策で

振り回される可能性がありますので、確実に損切りは入れておきましょう。

僕は昨日6戦して3勝3敗でした。

ヨーロッパ時間の始めにかなり振り回されてしまい、

不安定なトレードをしてしまったことが後悔ですね。

もっと慎重にトレードをしないといけないと改めて考えさせられました。

それでは本日の相場分析をしていきたいと思います。

EURJPY 1時間足

EURJPY 1時間足

昨日はUSDJPYは下落しましたが、

ドル安だったためEURUSDが大きく上昇した影響を受けて

EURJPYは上昇しましたね。

現在ちょうどレジスタンス付近まで上昇してきており

上昇できたとしても30pips上の125.10付近が意識されてくるでしょうね。

今は124.60~125.10付近でレンジになる可能性もありますので

レンジになりそうであればレンジ下限でロングを仕込みたいですね。

EURJPYではなくて素直にEURUSDで

トレードをした方が勝ちやすいかもしれませんが

通貨通貨でトレード戦略は変わりますので、

どうすれば負けにくいかを考えてトレードをしていきましょう。

トレードがしたいからとトレードはしないように。

 

2020.10.20の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日はNYダウが大きく下落し410ドル安となりました。

アメリカではコロナが警戒されての下落なのか、

追加経済対策への失望での下落なのか。

アメリカ大統領選挙前だから荒れているのか。

理由を挙げようとすればいくらでもあげれます。

ただ、大統領選挙まではどうしても荒れると思いますので

注意だけしましょう。

イギリスも合意なき離脱になるのか注目しておきましょう。

昨日は僕は1トレードだけしました。

結果は1勝です。

先週の木曜日ぐらいから大きく動くようになったので

トレードがやりやすくなりました。

今日もチャンスがあればトレードを積極的にしていきたいと思います。

それでは本日の相場分析をしていきましょう。

USDJPY 1時間足

USDJPY 1時間足

現在は105.60円付近のレジスタンスで止められているといった印象です。

このレジスタンスを抜けれると105.80円付近まで

上昇する可能性が出てきますが、

上値も重いし下値も堅いというのが今後も続くのかもしれません。

今は105.60円でショートを考えるか。

105.80円でショートを考えるかをチャートを見て

そのときそのとき判断しながらトレードをしていくしかなさそうです。

 

2020.10.15の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日のNYダウは続落しました。

ムニューシン財務長官が選挙前に何かを成立されるのは困難との

コメントもあったため引き続き年内を想定することになりそうです。

昨日も円高、ドル高、株安で進んでおり、

アメリカ大統領選挙が終わるまではこのまま進むのかもしれませんね。

また、依然ブログにも書いたポンドが荒れていますね。

今日15日にFTAの交渉期限としていたジョンソン首相でしたが、

15日を過ぎても交渉を続ける見通しとなったため

大きくポンド買いに動いています。

ただ、合意したわけではないのでまだまだ楽観的にはなれないでしょう。

こちらもアメリカ大統領選挙と同じぐらい引き続き注目です。

昨日はトレードを1戦だけして1勝となりました。

まだ方向性がはっきりしていない分中期的なトレードではなく

少しの利益を狙ったトレードとなっています。

このまま続くことはないのでじっくりとチャンスを待ちましょう。

それでは本日の相場分析です。

AUDJPY 1時間足

AUDJPY 1時間足

今日の朝にオーストラリア準備銀行のロウ総裁が

より長期の国債を買い入れるメリットあるか注視。

政策金利を0.1%に引き下げる可能性もと言及しました。

ずっと下がり続けている政策金利は今では0.25%となっています。

5年くらい前までは高金利通貨として注目されていた通貨ですが、

ここまで下がるとはびっくりです。

朝の発表があったため現在のAUDJPYですが、

超重要ポイントであるサポートラインまで

下落しています。

この74.90円付近を割るようだと、また下落再開となり

前回の安値である74円を狙う動きになってくるでしょう。

流れとしては割り込んでくる流れですが、

どうなるでしょうか。

割り込んだ場合は戻り売りを中心に考えて行きたいですね。

2020.10.14の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日はNYダウは下落しました。

為替相場は円高、ドル高となり、どこまで円高になるのか。

どこまでドル高になるのかを注目しています。

予想通り、アメリカ政府側が提示した1.8億ドル規模の追加経済対策は

民主党によって拒否され、選挙前の合意は難しくなりました。

また、ジョンソン・エンド・ジョンソンがコロナワクチン治験を

一時中止したことが報道されております。

国内でも菅首相が11月にも追加経済対策の査定を提示するみたいで

どのような政策をしてくるのか楽しみです。

個人的には今注目しているのはブレグジットです。

進展が見られないようでこのままだと合意なき離脱になります。

コロナに加え合意なき離脱となれば

相当な打撃を受けそうな印象なので、ポンドが荒れてくるのではと

注目しています。

昨日は僕はトレードをしませんでした。

何度かしようと試みたのですが、ユーロ時間に動きが

定まらなかったためアメリカ時間はほとんどチャートを見ずで

トレードチャンスを見逃してしまいました。

ゆったりする週もあっても良いかと思いつつ

チャンスがあればトレードをしていこうと思います。

それでは本日の相場分析をしていきたいと思います。

EURJPY 1時間足

EURJPY 1時間足

現在123.85円のサポートラインを抜けてきており

さらに下を目指す動きになってきそうな環境です。

とりあえずは123.55円は目指してくるでしょうね。

その下になってくると123.10、122.50円となってきます。

122.50円を下抜けしてくると相当下落する可能性があるので

注目しておきたいですね。

今は戻り売りを中心に考えておきたいので

123.95円付近もしくは124.20円のどちらかのレジスタンスラインで

反発する動きがあればショートをしていきたいですね。

このまま下落するようであればサポートラインまでの距離が近いため

トレードをするつもりはありません。

どのようになったらトレードをするか考えてから

エントリーをしていきましょう。