相場分析&トレード記録

2016.4.22の相場分析

今日の分析、ドル円を見ていきます。

usdjpyweek4.22

週足チャートです。

 

一旦下落が止まっている相場ですが、大きな時間足ではまだ下落は続くと見ています。

赤横線のどちらかまでの下落はあるものとして見ています。

 

usdjpy4h4.22

4時間足チャートです。

 

この時間足では相場の動きは止まっています。

目立った動きはないように見えますが、もしかしたらフラッグを作っているかもしれません。

 

これを下に抜けてくると週足で見たターゲットまでの下落がまた続いてくるかもしれないという状況です。

しかし、まだ上昇する可能性もあるところですので抜けるまではトレードは待ちたい状況です。

 

上昇が続けば111円あたり

下落となれば105円台

を現状は目安としてみたいと思います。

2016.4.21の相場分析

今日の分析、オージー円を見ていきます。

audjpyday4.21

日足チャートです。

 

現在トレンドラインがずっと頭を押さえています。

トレンドラインに当たって下落し、安値更新して下落継続という構図でしたが、

前回トレンドラインに当たってからは安値更新をせずに再度上昇してトレンドライン付近に来ています。

 

状況としては相場も迷っているのかなというところです。

買われる圧力があって再度トレンドライン辺りに来たという相場です。

 

audjpy1h4.21

1時間足チャートです。

 

1時間足では赤の縦線からトレンドが強く続いています。

現在トレンドラインがある付近ですから、基本スタンスは下落狙いの売りかなと思います。

 

ただ勢いが強いとそのまま上昇していく可能性がありますし、今日は欧州政策金利とドラギ総裁記者会見という大きなニュースがあります。

AUDJPYですから直接的には関係はありませんが、もしかしたら影響を受けて大きな動きも出てくるかもしれません。

 

色々書きましたが、

基本的には待ちです。

 

下落があるようならいい形になれば売りを狙いたいですし、

上昇があるようならいい形になれば買いを考えたいですが、

いずれもトレードできる形が出ていません。

 

特に買いに関してはトレンドラインを抜けてもすぐにトレードは考えず押し目を待ってから買いを考えたいと思います。

2016.4.20の相場分析

今日の分析、ポンドドルを見ていきます。

gbpusdday4.20

日足チャートです。

 

日足では逆三尊という、ヘッドアンドショルダーとは反対のパターンが出ている可能性があります。

重要ポイントを上に越えると上昇していくかもしれません。

 

gbpusd4h4.20

次に4時間足チャートです。

 

日足でも引いていましたが、トレンドラインが重要ポイントとして機能するかもしれません。

直近ではかなり強く上昇してトレンドラインに当たってきていますので下落の動きは見たいと考えています。

そのまま上に越えて来たら様子見ですが、

一旦下落となった後にトレンドラインがレジスタンスとなっているポイントを越えたら買いで考えたいと思います。

 

上昇したら1.49辺りまでの上昇があるのではと見ていますので、結構上昇があるかもしれません。

 

クロス円も強く相場が動いてくる可能性もありますので、相場全体的に見ておきたい状況です。

2016.4.19の相場分析

今日の分析、ユーロ円を見ていきます。

eurjpyday4.19

まず日足チャートですが、

前回の122円台中盤の安値に対して少ししか割ってこず、ヒゲとなって上昇側に動いています。

週足で見るとこのポイントは過去の高値がありサポートとして機能しやすいところですので上昇方向にある程度動きが出てくるかもしれません。

大きくは131円台までの上昇の可能性も考えています。

 

eurjpy1h4.19

次に1時間足チャートです。

実際にエントリーしたポイントですが、CMAで伝えているパターンで122.50辺りで買い

更には一旦上昇して122.67辺りで高値を作った後少し下がったので、その後再度越えてきた122.7辺りで追加の買いとしました。

ストップは122.20辺りの安値です。

 

トレンドラインも上に越えてきましたので更なる上昇があると見ており、

直近は124円台がターゲットと見ていますが、上でも書いた通りもっと大きな上昇にもなってくる可能性があります。

ドル円はわかりづらいですが、他のクロス円は強く上昇する可能性があると見ていますので、121円台を底値としてユーロ円の131円台もあり得るかもしれません。

 

eurgbp4h4.19

昨日買いで見ていたユーロポンドですが、

その後奇麗に売りのフラッグを形成してきましたので、買いは損切りして売りでエントリーとしています。

こちらは昨日書いた通り大きな時間足では下落方向と見ていましたので、すぐに切り替えて

0.7934で売りで入っていきました。

 

他の通貨も割と動きが出てきていますので、チャンスな通貨が他にないか確認しておきたい状況です。

2016.4.18の相場分析

今日の分析、ユーロポンドを見ていきます。

eurgbpm304.18

15分足チャートです。

 

下落が続いてから画像真ん中あたりの安値で一旦の底打ちをしている可能性があります。

その後上昇してから右肩下がりのレンジを作っていますが、

このまま下がって真ん中あたりの最安値を割っていくようなら様子見。

 

ただ、このチャネルラインを上に越えていくようなら短期的な上昇の可能性があるのではと見ています。

売りは様子見をして買い側はトレードを検討したいと見ています。

 

上昇したら0.80前半まではあるかなと見ていますので、

そこまでの動きを見越してトレードを考えたいと思います。

 

この通貨は月足くらいの大きな流れでは下落傾向の可能性があり、今のレート辺りも天井圏あたりですので

基本的には短期上昇があればそのあとは売りで見たいと思います。

下落となると最低でも今のところから300pipsは下があるのではと見ていますので売り場探しておきたいと思います。