相場分析&トレード記録

2017.6.12の相場分析

今日の分析、ユーロ円を見ていきます。

4時間足チャートです。

現在は上下黄色線の間でレンジとなっています。

レンジ高値には週足の過去安値があり、
レジスタンスとしては強いところと見ています。

なので個人的には下落の可能性を見ていますが、
下に抜けるまではまだ何とも言えませんので、
抜けてくれば売りで検討していきたいと思います。

力もそれなりに溜まっている印象ですので、
抜けてくれば120円台までの下落はまずあるのではと見ています。

チャンスとなればしっかりトレードを検討したいと思います。

2017.6.9の相場分析

今日の分析、ユーロドルを見ていきます。

4時間足チャートです。

ダブルトップを作っている可能性があり、
もしかしたら下落となるかもしれません。

今のところはアップトレンドですので売れる状況ではありませんが、
横線を引いた安値を割ってくると下落の可能性が出てくるので、
その後の動き次第では売りを考えたいと思います。

アップトレンドが強く続いて買える状況ではありませんので、
一旦下落となれば短期売りも考えられますし、
その後の上昇も買いで入っていけるので、
個人的には下落待ちで見ています。

そのまま上がったら様子見継続です。

2017.6.8の相場分析

今日の分析、ユーロオージーを見ていきます。

4時間足チャートです。

直近ではダウの切り上げが起こっていた相場ですが、
それが崩れている可能性があります。

下方向にまだ向かう可能性を見ており、
黄色横線の1.46台までまだ下落する力があるのではと見ています。

ひとまずは急下落があったのでいったん戻る可能性があるところで、
その後の動きを見て下落の形を作って来たら売りで入っていきたいと思います。

今日は大きなニュースがありますし、
イギリスの選挙もあってトレードするのは難しそうですが、
来週以降になると思いますが条件そろうのを待ちたいと思います。

2017.6.7の相場分析

今日の分析、ユーロ円を見ていきます。

4時間足チャートです。

上昇が続いてから現在の位置でレンジを作っています。

この高値があるところは週足の過去安値があるところで、
レジスタンスとしては強い可能性があります。

なので基本売り方向で見ていて、
どのタイミングでかはわかりませんが下落していく可能性が高いと見ています。

明日欧州政策金利とドラギ総裁の会見があり、
またイギリスの選挙もあります。

大きな動きが起こるかもしれませんので、
それきっかけで下落となるかもしれませんが、
スプレッドなどが大きく開くかもしれませんので注意しておきたいと思います。

2017.6.6の相場分析

今日の分析、ポンドフランを見ていきます。

4時間足チャートです。

トレンドラインが奇麗にレジスタンスとなっていますので、
これを上に越えてくると上昇の可能性が出てきます。

ちょっと角度がきついので、
上に越えてもすんなり上昇とはなりづらいかもしれません。

なので、
越えてからのレンジや戻りを見て買いを考えておきたいと見ています。

また反対の動きをしやすいユーロポンドは下落の可能性があるので、
どちらも見ておきたいと思います。

今週は木曜日に欧州政策金利とドラギ総裁の会見があり、
相場が動くかもしれませんので注意しておきたいところです。