相場分析&トレード記録

2018.8.13の相場分析

今日の分析、ドル円を見ていきます。

日足では、重要な安値を下に抜けてきたのでダウントレンドの可能性があると見ています。

 

全体的に他のクロス円も下に抜けてきているので、ドル円も下落が続いていく可能性があると見ています。

ターゲットとしては最大108円辺りを見ていて、そこまで下がるかはわかりませんが、売りで考えていきたいと見ています。

 

もし上昇して112円台前半を越えてくると上がっていく可能性も出てくるので、それまでの戻り売りならパターンを待って仕掛けていきたいと思います。

2018.8.10の相場分析

今日の分析、ドル円を見ていきます。

日足チャートです。

 

日足では、トレンドラインがサポートになっていて、直近サポートになっている110円半ばあたりを下に抜けてくると下落の可能性が出てきます。

 

抜けても戻される可能性もあるので、抜けてからのパターンを見ていきたいですが、基本下落方向で見ていきたいです。

下に抜けると108円辺りまで下がる可能性があるので、そのポイントに注目して売り検討しておきたいです。

 

もし上昇して112円台前半を越えると上がる可能性があるので、そちらも見ておきたいです。

 

2018.8.3の相場分析

今日の分析、ドル円を見ていきます。

日足チャートです。

 

日足では、110円後半がサポートになっています。

ここを維持できれば上昇継続の相場ですが、維持できなければ下落相場になるかもしれません。

 

今日米雇用統計があるのでその発表までは特に動きないと思いますが、発表で動きが出てその後に110円後半を維持できているかを確認したいです。

 

それを1つの指標として買いで考えるのか、売りで考えるのかを見ていきたいです。

2018.8.2の相場分析

今日の分析、ドル円を見ていきます。

日足チャートです。

 

日足では110円後半のサポートが重要ポイントです。

昨日は上昇していましたが、少し調整が入ってこのまま上昇が続くのか、それとも下落が起こるのかを見ておきたいポイントです。

 

110円後半のサポートを割り込むといったん下落の流れが出来るかもしれないので、その時は短期売りを検討したいですが、110円後半を維持するようなら上昇継続の可能性なので、いい形状が出たら買いを考えたいです。

 

まだどちらともいえない相場なので、動きが出てきたら判断していきたいです。

2018.8.1の相場分析

今日の分析、ドル円を見ていきます。

日足チャートです。

 

日足では、110円後半のサポートが働いて現在上昇しています。

 

昨日は黒田総裁の会見もあり、引き続き2年間は強力な金融緩和を継続するというような発言があったため円売りに動きました。

 

ファンダメンタル的にはこのまま円売りが持続する可能性が高いので、あとはテクニカル的に買いで入っていけるパターンが出たらエントリーを考えてもいいのではと見ています。

 

上昇した場合の直近目標は114円台で見ており、そこまで行くようだと更には118円台も目指す可能性が出てきます。

 

全体的に円売りが出てくるかもしれませんので、形状次第では買いを考えていきたいです。

3 / 11212345...102030...最後 »