相場分析&トレード記録

2017.7.26の相場分析

今日の分析、カナダ円を見ていきます。

日足チャートです。

 

MAに支えられて上昇となり直近の高値更新をしてきています。

かなり強く上昇していてまだ続くかもしれませんが、

個人的には売り待ちで見ておきたいゾーンと見ています。

 

この辺りをしっかり上に越えてしまったらまた買い目線になりますが、

更に大きな時間足でレジスタンスもありますし、

すぐ下げてきてもおかしくありません。

 

27:00にFOMCの発表がありますので、

そこでも動きがあるかもしれません。

 

基本様子見ですが、どう動くか注意しておきたいと思います。

2017.7.25の相場分析

今日の分析、ドルカナダを見ていきます。

1時間足チャートです。

 

チャネルラインに沿って目先は下落しています。

大きくはだいぶ下落していて、

過去重要な安値があるあたりまで来ています。

 

いつ上昇に転じてもおかしくないと見ていますが、

まだこのチャネルを上に越えるか、

もしくは下側にオーバーシュートするくらいの動きがないと、

トレンドが上昇に転換するのは難しいのではと見ています。

 

今からの売りはちょっと出来ないですが、

買い待ちで待っておきたいと思います。

2017.7.24の相場分析

今日の分析、ユーロポンドを見ていきます。

日足チャートです。

 

一時は下げの可能性も見ていましたが、

レンジを上に越えてきてアップトレンドと見れる相場になっています。

 

買いで考えていきたいと思いますが、

時間足を落とすと今のところは強く上昇したところで調整が入るかもしれませんので、

様子見しておきたいと思います。

 

トレンドは上で書いた通りアップトレンドなので、

買い一択で待っておきたいと思います。

 

反対の動きをしやすいポンドフランも見ておきたいと思います。

2017.7.21の相場分析

今日の分析、ポンドフランを見ていきます。

日足チャートです。

 

下落してからしばらくレンジに入っていましたが、

そのレンジを更に下に抜けてきた可能性があります。

 

今売るとなるとストップ幅が大きいのでちょっとためらうところですが、

ダウントレンドと見ていい相場ですので、

条件が整ったら売りで入っていきたい相場です。

 

時間足を落として戻り待ちで見たいと思います。

 

目標は1.17台が最大のターゲットとして現状は見ています。

2017.7.20の相場分析

今日の分析、ポンド円を見ていきます。

4時間足チャートです。

 

現在はレンジとなっている可能性がある相場です。

レンジ下限に来ているので基本は上昇方向で見ていますが、

レンジ下限を抜けて下落する可能性もあるところです。

 

個人的にはトレードを考えるなら、

今の辺りで買いのレンジを作れば買いたいですが、

レンジ下限を下に抜けて売りのレンジを作れば売りたいと見ています。

 

基本は待ちでいい形が出ればというところです。

 

今日は21:45に欧州政策金利

21:30にドラギ総裁の会見があります。

 

相場が動く可能性がありますので、

しっかり動きが出たらそこからのパターンでトレードを検討したいと思います。