相場分析&トレード記録

2016.7.27の相場分析

今日の分析、ポンドドルを見ていきます。

gbpusd4h7.27

4時間足チャートです。

 

4時間足ではヘッドアンドショルダーを作りつつ、ウェッジを作っている可能性があります。

大きな流れではダウントレンドの可能性がある相場ですので、まだまだ下がっていくかもしれませんが、

強烈に下げてきての今ですので一旦の上昇もあるかもしれません。

 

トレンドラインがレジスタンスとなっているポイントを上に越えるかどうかですね。

 

越えてこなければまだ下がっていくかもしれませんので、早々に買いを入れるのは危険かと思います。

また明日の午前3時にはFOMCの発表がありますのでそれ次第ではまた大きな動きがあるかもしれません。

 

上に越えて来たら赤横線辺りまでの上昇があるかもしれませんので、

チェックしておきたいと思います。

2016.7.26の相場分析

今日の分析、ユーロ円を見ていきます。

eurjpy4h7.26

4時間足チャートです。

 

4時間足ではサポートしていたラインを抜けて下落となっています。

個人的には上昇が強いかなと見ていましたが、さすがにサポートされていたラインを抜けてくると買われる理由がなくなるので下げとなっています。

 

ここからですが、

大きくは上昇の流れと見ていますので、基本買い待ちで見ておきたいと思います。

 

どこで跳ね返るかはわかりませんが、

下落前の高値がある118円台を越えればまず上昇継続になるのではと見ています。

 

もしかしたら下落継続となるのかもしれませんので、その可能性も考えてはおきたいと思います。

 

下落継続となればどこまで下がるかわかりませんが、

上昇となれば121円台は目指すと見ていますので、そのポイントを見ておきたいところです。

 

 

今週はFOMCと日銀政策金利があり、大きく動くかもしれません。

注意しておきたいと思います。

2016.7.25の相場分析

今日の分析、ポンドフランを見ていきます。

gbpchf7.25week

週足チャートです。

 

週足では大きく下げてきて前回の安値があるあたりで止まっています。

この辺りをさらに抜けるようだと下落継続となっていくかもしれませんが、

個人的には一旦下げ止まって短期的な上昇はあるのではとみています。

 

gbpchf7.254h

4時間足チャートです。

 

週足でサポートされているあたりを拡大すると逆ヘッドアンドショルダーになっている可能性があります。

直近のレンジの高値安値がほぼ前回のレンジの高値安値と同じ位置にあるので、

意識されている感じがあります。

 

ここでサポートされて現在のレンジの高値を超えると上昇相場になりやすいかもしれません。

上がれば1.36台までの可能性を見ています。

 

ストップ幅がそれなりにあるので、許容できるようならトレードを検討してもいいかもしれません。

2016.7.22の相場分析

今日の分析、ポンド円を見ていきます。

gbpjpy7.221h

1時間足チャートです。

 

大きな流れではアップトレンド継続と見ていますが、

一旦下落調整が入るかもしれないという状況です。

 

トレンドラインがサポートとなっていますが、これを抜けてくると135,136円台までの下落は出てくるかもしれません。

 

もちろんここで支えられて上昇していく可能性もありますので、

上昇、下落のどちらも考えておきたいと思います。

 

 

レンジは基本的にトレードのチャンスです。

 

相場が動き出してからトレードするのでは遅いので、

トレンドが出てしまってたら見送るのがいいです。

 

その後にレンジが出来たら力をためている状況なので、

ブレイクした方向に向かってトレードをすると、大きな流れに沿ってトレードができます。

 

難しいエントリーをしても勝ち続けるのは難しいので、

如何にシンプルにエントリーして決済するか

 

やり続けられるものでなければ勝ち続けられませんので、

しっかりチャンスを待ってトレードをしていくのは重要なことですね。

 

自分にとってやり続けられる勝てる手法は何かを探していきましょう。

それが見つかれば無理なく勝てるようになります。

2016.7.21の相場分析

今日の分析、ユーロ円を見ていきます。

eurjpyday7.21

日足チャートです。

 

日足では、109円台を底値にして現在上昇しています。

レジスタンスとして強そうなのは121円から122円台と見ており、まだそこまでの上昇は続くのではと見ています。

 

eurjpy1h7.21

1時間足チャートです。

 

現在は118円台のあたりが意識されてちょっとレンジを作るかもという感じもあります。

もしレンジとなってくれればそれはそれで今後がトレードしやすいので、

トレードできるパターンを待ちたいと思います。

 

基本的には上昇継続で見ていますので、

レンジブレイクの買いで見ていきたいと思います。

 

もちろんレンジにならずに上がっていく可能性もあるので、そうなったら見送りとなります。

 

 

今日は欧州政策金利とドラギ総裁記者会見があります。

特にドラギ総裁記者会見はよく動くことがありますので、注意しておきたいと思います。