AUDJPY

2021.01.14の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日はNYダウは8ドル安となりました。

米下院がトランプ大統領の弾劾訴追決議案については

賛成多数で可決しました。今後は上院での裁判が行われることになります。

ただ、トランプ大統領の任期中に始まる可能性がないと見られていますので

大きな注目にはなっていないのかもしれません。

そして先ほど次期大統領であるバイデン氏が2兆ドル規模の追加経済対策

との報道があり、一時ドル買いとなりました。

さらに株価が上がりそうな状況になりつつありますね。

個人的には最近トレードの調子が微妙です。

昨日は9戦もトレードをしてしまい

5勝4敗となっています。

トレード回数が最近増えてきていることが正直良いことではないので

焦らずじっくりとまってトレードチャンスを待とうと思っています。

AUDJPY 1時間足

AUDJPY 1時間足

現在は80.25~80.60円のレンジ相場になるつつあります。

このどちらに抜けるかで方向性が少し出てくるかもしれませんが、

基本は買い目線で見ておきたいですね。

ですので、今は80.25円のレンジ下限に近いところで押し目買いを考えて

もし反発しないようであれば80円付近で買いを考えると

状況に合わせてサポートラインで反発するようであればロングと言った

トレードをしていきたいです。

当分は売りを考えずにどこで買うかだけを考えて

どこで決済をするかを決めてリスクリワードが

良いトレードをしていきましょう。

2021.01.07の相場分析

こんにちは。蒼士です。

NYダウは437ドル高と史上最高値を更新しました。

ジョージア州も市場の予想通り上院決選投票で2議席を確保することができ

これで、大統領、上下院を握るトリプルブルーが完成しました。

これにより積極的な財政政策が期待されており

株価上昇に繋がったと見られています。

そのことがきっかけなのか債券も久しぶりに1%以上を超えたことで

為替ではドルが買われました。

今後どのような動きになってくるのか分かりませんが、

基本は逆らわず、トレンドに乗ったトレードをして

コツコツと利益を増やしていきたいですね。

僕は昨日7戦して5勝2敗でした。

利益は稼げたのですが、最後に2連敗してしまい、

勝ててたトレードを負けで確定してしまったことが

悔やまれます。利益が出せているときに

しっかりとやっぱり決済するべきでしたね。

それでは本日の相場分析をしていきたいと思います。

AUDJPY 1時間足

AUDJPY 1時間足

先週の相場分析から思った通りの展開となりましたね。

今年に入って一気に上昇をしており

80円半ばまで上昇しました。

そろそろ一旦調整下落が入ってきても可笑しくない環境にはなってきています。

その調整がどこで止まるのかという点が焦点ですね。

80.20円、80.10円、79.80円と僕的には候補が3つあるのですが、

一番トレードがしやすいのは80円台のサポートラインで止まることです。

ただ、これだけ一気に上昇しているとどうなるのかが全く見えないため

確実に止まったと思えるまで手を出さない方が良いでしょうね。

また、トリプルブルーになったアメリカがどういった政策を

追加でしてくるかでも流れは変わってくるでしょうから、

じっくりと待ってコツコツと稼いでいきましょう。

 

2020.12.30の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日のNYダウは68ドル安となりました。

現金給付額の増額に期待もあったようですが、

2000ドルになる案は阻止されたことで失望感にも繋がったみたいです。

日本の取引は明日から年末年始となるため4連休となります。

そのため日本でポジションを持とうとする人は減ることから

株価が伸びることはなさそうですね。

僕は昨日はトレードを3戦し

2勝1敗で終わりました。

今日、明日と相場は動いているため

トレードはする予定です。

相場が動いているとどうしても気になります(笑)

それでは本日の相場分析をしていきたいと思います。

AUDJPY 1時間足

AUDJPY 1時間足

78.85付近のレジスタンスを抜けたことで

上昇相場に再び入りましたね。

強めのレジスタンスがあったためなかなか上抜けできないと見ていましたが

そこまで1ヵ月で上抜けしているのでそこまでかかっていない印象です。

それだけ上昇基調が強いということでしょう。

次の目標が79.80付近と見ています。

このポイントを上抜けるとレジスタンスが

80円台になってくるので、まずは目標で決済するのがいいのかもしれません。

ただ、今は上昇が続いているため押し目買いができないので

出来れば押し目買いをしたいですね。

 

2020.12.09の相場分析

こんにちは。蒼士です。

NYダウは104.09ドル高となりました。

アメリカでは救済法案で以前話し合いが行われており

現金給付をするかどうかなど調整しないといけない部分があり

年内成立は難しくなっています。

またブレグジットの不透明感が引き続き続いています。

本日はジョンソン英首相とフォンデアライエン欧州委員会委員長と協議。

10、11日のEU首脳会議では漁業権などで合意できるかが焦点となっています。

ジョンソン英首相は協議が非常に難しいと認識している。

合意強く期待も交渉をあきらめる時が来るかもしれないとコメント。

バルニエEU首席交渉官は合意成立する確率非常に低いとみていると

しています。

この数日間ポンドの動きが乱高下を繰り返しており

いつどうなるかがわからない分、

急に動くためポンドのトレードはやはり避けるべきかもしれませんね。

ブレグジットがどうなるか決まってからでもトレードは遅くないかと思います。

僕は昨日4トレードをして4勝で終えています。

納得のトレードもあれば納得していないトレードもあるため

日々の精進が必要だと改めて感じています。

勝っているのでなるべく深くは考えないようにして

今日もトレードを頑張って利益を出していきたいですね。

それでは本日の相場分析をしていきたいと思います。

AUDJPY 1時間足

AUDJPY 1時間足

現在76.85円~77.55円のレンジ相場になっていますね。

流れは上昇の可能性の方が高いためロングを考えていく場面だと思いますが

レジスタンスが多いと考えているため

なかなか急上昇とはならないかもしれません。

今年の高値が78.46円付近にありますのでここを超えて

上昇トレンドを継続させていくかにも注目しています。

レンジ上限まで上昇しているためこのままレンジを超えていくかを

注目しつつ、もし超えれない場合はまたロングするポイントを考えて

押し目買いをしていきたいです。

どうなるか考えながらトレード戦略を考えていきましょう。

2020.12.03の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日は、NYダウが59ドル高となりました。

ADP雇用統計が予想を下回ったことが

今週の雇用統計にどのように影響を与えるかを注目したいですね。

また、英国が新型コロナワクチンを承認したという報道もあり

予定通りというところもありましたが、

EUと英国の通商交渉が妥協する保証がないという報道で

一気にドル買いになったことが気になります。

どこかで合意なき離脱はないと思っているところがあるので

合意なき離脱になった場合の相場は気を付けたほうがいいのかもしれませんね。

昨日の僕はトレードは1戦だけして1勝で終わっています。

運がよかったこともあったのですが、イギリスとEUの報道がある5分ほど前に

NZDJPYを決済しており、かなりほっとしました(笑)

さすがにあのチャートからは急落は予想できませんでしたからね。

おかげで決済したあとにいいところでまたロングできたのが

僕的にはうれしいことでした。

ただ、まだ決済していないのでトレードは1戦としています。

それでは本日の相場分析をしていこうと思います。

AUDJPY 1時間足

AUDJPY 1時間足

約1ヶ月間ほど止められていた77.10円を超えたことで

一気に上昇相場へ入ってきました。

今目指しているポイントは77.50~77.65円付近、

そして78.40円付近となってきているかと思われます。

現在77.50円近くまで上昇してきましたので

一旦下落するのかもしれませんが押し目買いを考えたいですね。

押し目買いを考えるのであれば

77.25~77.30円付近のサポートラインで反発できるかを見てから

ロングをしていきたいです。

もし反発を見せない場合は77.10円付近まで下落する可能性が出てくるので

注意しましょう。

もし昨日の安値である76.85円を下抜けてしまった場合は

押し目買いを考えるのは辞めてまずはどこで止まるのか。

どのようなチャート形状になっているのかなどを見て

ショートに変わったのかロングの継続かを考えて

トレードをしていきたいです。