AUDJPY

2021.03.31の相場分析

こんにちは。蒼士です。

今日はバイデン大統領がインフレ投資について詳細がわかる日となっています。

そのためなのか、昨日のNYダウは104ドル安と小幅安となりました。

相場全体を考えると株高、ドル高の流れが続いています。

昨日話題となった米ヘッジファンドの株式デリバティブ取引を巡る

巨額デフォルト問題は落ち着いていますが、

全体像がまだわかっていないだけに全体像が分かった時

今後ヘッジファンドへの市場の反応が気になります。

また、本日バイデン大統領がインフレ投資について話した後の反応が

引き続きドル高が続く動きとなるのか

一旦収まってドル売りへと動くのかその点も注目です。

昨日はノートレードでした。

トレードを何度もしようとUSDJPYを中心にチャンスを待ったのですが

あまりにも高値圏で推移していたため負ける確率が高くなると思い

トレードを控えました。

本日もどのような推移になるかわかりませんが、

チャンスがあればトレードをしていきたいと思います。

それでは本日の相場分析をしていきたいと思います。

AUDJPY 1時間足

AUDJPY 1時間足

現在昨日の高値を超えてきており、

このまま上昇できるかという注目のポイントにあります。

上昇できるのであれば35pips上の84.65円付近まで、

このポイントを超えると84.95円付近までとだいたい30pipsぐらいの間隔で

レジスタンスがあります。

強い動きをAUDJPYはできていないのでポイント、ポイントでトレードをしていく方が

安全だと思っています。

まずは今の高値を超えて上昇ができるか

できない場合はレンジになる可能性があるので

83.70~84.30円のレンジ相場になることも考えてトレードをしていきたいところです。

2021.03.24の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日のNYダウは308ドル安となりました。

EU、イギリス、アメリカ、カナダが中国のシンチャンウイグル自治区で

重大な人権侵害を行っているとして中国政府当局者に制裁措置を発表しました。

その結果中国もすぐに報復をしたため、今後の関係性が不透明になり

株価が下落したと言われています。

昨日は株安、ドル高という構図になりましたが、

NYダウが下落相場になる可能性はまだ低いので

どこで市場がロングをしていくのか注目です。

日経平均は日銀のETFの購入と6兆円という金額がなくなったことで

どこまで下がるか分かりませんが、

28280円、27570円ぐらいで止まらないようだとちょっと怖いかもしれませんね。

僕は昨日は2トレードして1勝1敗となりました。

利益を上積み出来たので良かったのですが、

最初のトレードで負けたのが後悔しています。

今日は後悔しないようなトレードをしていきたいです。

それでは本日の相場分析をしていきたいと思います。

AUDJPY 1時間足

AUDJPY 1時間足

昨日は大きく下落しましたが、

基本の買い目線はまだ変わっていません。

81.96円もしくは81.75円を割ったときに初めて

買い目線が売り目線に変わるかどうかという環境だと見ています。

特に81.96円付近は反発するようであれば積極的にロングをしたいポイントです。

ただし、もし割るようなことがあれば必ず損切りをしないといけませんので、

注意だけはしましょう。

理想は82円~85円の300pipsのレンジ相場がトレードがやりやすくなるので

希望ですがどうなるでしょうか。

2021.03.17の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日はNYダウが127ドル安となりました。

ただ、連日の史上最高値更新は続いてので、そのわりには下落幅が小さいことから

まだまだ上昇が続くのかなぁという印象ですね。

今日FOMCがあります。

市場の関心は政策金利がどうなるか。テーパリングがいつ頃になるのか。

この2点です。前回までの中央値では2023年末までのゼロ金利が示されていましたが

年半ばにかけて1回の利上げに見通しが引き上げられるのではないかという認識もあります。

それだけ注目度が高いと思える環境のため荒れる可能性が非常に高いでしょう。

ポジションはなるべく持たず挑んだ方が良いですね。

昨日は1トレードだけして1勝となりました。

結構荒れた動きになっていたのでトレードがしにくかったというのもあります。

特にEURUSDが下がっているときはUSDJPYが上昇するときが多かったのに

昨日は同時に下落していたので夜にトレードが出来なかったのも響いていますね。

今日もチャンスがあればトレードをしますが、

FOMCがあるため無理なトレードだけは控えて安全に利益を取っていきたいところです。

それでは本日の相場分析をしていきたいと思います。

AUDJPY 1時間足

 

AUDJPY 1時間足

現在高値付近で推移していますが、レンジ相場が続いています。

大きく見ると84.20円~84.70円のレンジですね。

チャートを見る限り下値が堅い相場になっているようにも思えるのですが、

そろそろ下落して調整という環境になっても不思議ではないため

ロングをするのであれば、なるべくレンジの下限でする必要性が出てきているように思えます。

円通貨全体を見てもそろそろ一旦下落なのかなと思える動きをしてきているだけに

慎重なトレードが必要だと考えています。

無理にトレードをするとお金が減るだけなので自信があるときだけ

トレードをしていきたいですね。

2021.03.10の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日はNYダウが30ドル高、ナスダックが464ポイント上昇と

大幅高となりました。

また昨日の3年債の入札が好調に終わったことにより金利上昇が押さえられ

ドル安と昨日はなりました。

今日は10年債、明日は30年債の入札となりますので

引き続き注意が必要そうです。

僕の昨日のトレードはノートレードでした。

USDJPYを中心に見ていたのですが、押し目買いポイントと思っていた場所を

割り込んだことでわかりやすい相場になるまで待った結果です。

毎日無理にトレードをする必要はないのでこれからもチャンスがあるときのみ

トレードをしていこうと思います。

それでは本日の相場分析をしていきたいと思います。

AUDJPY 1時間足

AUDJPY 1時間足

現在AUDJPYは82.95~83.85円の約90pips分のレンジ相場ですね。

久しぶりの大きめのレンジ相場になっている印象があります。

基本は押し目買いを中心に考えたいですので82.95円に

近いところでロングをしたいですね。

あとは83.85円を超えるのか超えないのかを見てから決済を

繰り返すだけのトレードですね。

ただ、下落ということになる可能性もあるので、

もしサポートを割って下落となれば損切りをして

81.95円を割るのか割らないのかを見てトレードをしていきたいですね。

もし81.95円を割った場合はロング目線を状況によっては

ショート目線に切り替えないといけませんのでそこは注意しましょう。

2021.03.03の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日、NYダウは143ドル安でした。

昨日はブレイナードFRB理事が資産購入ペースの維持、

金融緩和の長期化をあらためて示唆しました。

長期金利の急騰についても動きのスピードは注意を引くものだった。

市場の動向に注意を払っていると言及しました。

このことで長期金利の動向に一定の安心感をもたらしたようです。

僕は昨日トレードを3トレードをし

2勝1敗となりました。

損切りが遅かったため1敗の負けが痛手となりましたが、

トータルで勝てたのは良かったです。

本日も良いトレードを続けていきたいですね。

それでは本日の相場分析をしていきたいと思います。

AUDJPY 1時間足

AUDJPY 1時間足

84.95円から81.95まで300pipsの下落をしていましたが、

じわじわと上昇して来ていますね。

現在は83.35を安値として83.70円まで上昇しています。

基本は押し目買いを狙いたいので83.35円付近まで下落する場合には

反発したときにロングをしたいのですが、

それまで下落するか注目中です。

ただ83.48円付近にも小さなサポートがあるので

ここら辺で止まるかもしれません。

基本はロングを狙ってトレードをしていきましょう。