EURJPY

2020.12.16の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日はNYダウが337ドル高となりました。

ファイザーに続きモデルナが今週中に許可されるとの期待が高まり、

与野党の指導者が予算に加え追加経済対策を巡り協議することが

わかりました。特に、マコネル上院院内総務は

追加経済対策なしに年を越すことはないと発言しており、

年内合意への期待が高まっています。

また、本日はFOMCがあります。

金利等はさすがに維持でしょうが、追加の緩和があるのかどうかにも

注目しています。

ニューヨークでロックダウンの可能性がある中、

アメリカがどのような対応をしてくるのか要注目です。

そして、イギリスとEUの問題が依然不透明な状況です。

ジョンソン首相は通商協定のない離脱の可能性が依然最も高いと発言し

アイルランド外相は今週の協議で進展の兆候が見られると発言しています。

前兆なく急に合意したり、合意なしになったりするような雰囲気ですが、

リミットがはっきりしていない分対応が取れないと思うので

僕は引き続きポンドのトレードはなしでいこうと思います。

昨日の僕のトレードは2戦して2敗でした。

NZDUSDのトレードをしたのですが、まさかサポートラインを

割るとは思っておらず、買い増しをして負けとなりました。

もうちょっと早く損切りはできたと思いますので、

その点が一番のミスでした。

ただ、そのあとに買い直して昨日と合わせると負けはなく、

勝ちの状況なのであとはどれだけ利益を伸ばせるかだと思っています。

今日は負けから始まらないトレードをしたいです。

では本日の相場分析をしていきたいと思います。

EURJPY 1時間足

EURJPY 1時間足

現在EURJPYは125.75円をサポートラインとして

126.75円を上限にレンジ相場となっています。

USDJPYが下落している中、EURUSDが上昇しているため

EURJPYはどっちつかずの動きとなっています。

正直どっちにも動く可能性があるためトレードがしにくいですね。

安全にトレードをするのであればサポートライン近くでロングをして

サポートラインを割ったら損切りしショートをするといった

負けを一回受け入れるつもりでトレードをするか。

確実にサポートラインを割ったらショート。

レジスタンスを超えたらロングとはっきり相場が分かるまで

トレードを控えるかのどちらかになるかと思います。

僕はどちらかというと負けを一回受け入れる側なので

サポートラインに近づいて反発しそうならロングを狙うでしょうね。

どのようなトレードをしたとしても

如何にトータルでプラスの収益で終えれるかが重要ですので

ご自分でやりやすい相場を見つけてトレードをしていきましょう。

2020.11.11の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日はダウ平均は262.95ドル高となり引き続き株高となっています。

為替は方向感がない通貨と急騰した通貨に分かれている印象で

ドル高になるのか。ドル安になるのか。

円安になるのか。円高になるのか。

が正直見えず、レンジ相場で終わった印象があります。

いずれ方向性がはっきりしてくるとは思いますが、

それまでは無駄なトレードは控えた方が良いかもしれませんね。

今年あと少しとなりましたが、

これからの注目は

アメリカの経済支援策がいつ、どのくらいの金額なのか。

イギリスのEU離脱はどうなるのか。

という点が注目されるかと思います。

特にイギリスは今年までとなっていますので

どうなるのか注意してトレードをしていきましょう。

僕は昨日トレードは3トレードをして

1勝2敗で終えています。

久しぶりに負け越しで終えていますが

利益は1日の最低限確保できたので無理をする必要がなかったため

トレードをしませんでした。

本日も無理のないトレードをして

利益をコツコツと積み上げていきたいところです。

それでは本日の相場分析をしていきたいと思います。

EURJPY 1時間足

EURJPY 1時間足

EURJPYは現在124.00円~124.55円で

レンジ相場になっていると見ています。

124円のサポートラインを割らずにどれだけ上昇していくかが

大きな注目点になるかと思っています。

月曜日の高値である125.10円を超えていくようだと

更なる上昇となる可能性が高くなりますが

125.10を超えれずに124円を割ってくるようだと

123.75円で止まるのか。

それとも123.10円まで下落してしまうのかなど

目線を上だけを見るのではなく下に下落していくことも

考えないといけないためトレードとしては難しくなるかと思われます。

今のところ相場としてはわかりやすい相場ですので

ポイントに引きつけてトレードをしていきたいところです。

 

2020.10.28の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日はNYダウが222.19ドル安と下落しています。

フランスでは新型コロナの感染拡大を抑制するために

1か月間全国的な都市封鎖措置を検討しているとの報道が出てきました。

部分的な制限が今まで欧州ではありましたが、

再度ロックダウンする国は初めてなので

今後、他の国でも出てくるのかもしれません。

さすがに1回目のコロナほど乱高下はしなくても

荒れる材料にはなるのでポジションと損切りには注意していきましょう。

僕は昨日3戦して3勝といい感じでトレードを終えています。

10月まであと少しですから利益を減らさなにようにしていきたいところです。

それでは本日の相場分析をしていきましょう。

EURJPY 1時間足

EURJPY 1時間足

現在、前回の安値を抜けて下落していますね。

問題は122.45円で止まるかどうかという点です。

122.45円を抜けるようだと300Pipsぐらい下落する可能性が出てくるので

楽しみではありますが、反発するようだと124.90を上限とした

レンジ相場になるかもしれません。

とりあえずは122.45円でどうなるのかだけに注目して

下抜けしたら戻り売り、反発したらどこまで上昇する可能性があるのかを

考えてトレードをしていきたいですね。

 

2020.10.21の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日は民主党のペロシ下院議長が追加経済対策を巡り

早くて本日中に合意を目指すとの報道で

アメリカ株価は上昇、ドルは下落となりました。

この合意期待がどうなるかでまたドル買い、

株安へと動くような気がしています。

アメリカ大統領選挙もバイデン氏がかなりリードをしており

明日予定されているテレビ討論会でどこまでトランプ大統領が

巻き返すかそれともバイデン氏が差を広げるかが焦点となっています。

世界的にコロナ感染が増えてきており、経済との両立を目指してはいますが、

難しい状況で、経済を止め始めている国も出てきています。

今日、明日はアメリカのテレビ討論と追加経済対策で

振り回される可能性がありますので、確実に損切りは入れておきましょう。

僕は昨日6戦して3勝3敗でした。

ヨーロッパ時間の始めにかなり振り回されてしまい、

不安定なトレードをしてしまったことが後悔ですね。

もっと慎重にトレードをしないといけないと改めて考えさせられました。

それでは本日の相場分析をしていきたいと思います。

EURJPY 1時間足

EURJPY 1時間足

昨日はUSDJPYは下落しましたが、

ドル安だったためEURUSDが大きく上昇した影響を受けて

EURJPYは上昇しましたね。

現在ちょうどレジスタンス付近まで上昇してきており

上昇できたとしても30pips上の125.10付近が意識されてくるでしょうね。

今は124.60~125.10付近でレンジになる可能性もありますので

レンジになりそうであればレンジ下限でロングを仕込みたいですね。

EURJPYではなくて素直にEURUSDで

トレードをした方が勝ちやすいかもしれませんが

通貨通貨でトレード戦略は変わりますので、

どうすれば負けにくいかを考えてトレードをしていきましょう。

トレードがしたいからとトレードはしないように。

 

2020.10.14の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日はNYダウは下落しました。

為替相場は円高、ドル高となり、どこまで円高になるのか。

どこまでドル高になるのかを注目しています。

予想通り、アメリカ政府側が提示した1.8億ドル規模の追加経済対策は

民主党によって拒否され、選挙前の合意は難しくなりました。

また、ジョンソン・エンド・ジョンソンがコロナワクチン治験を

一時中止したことが報道されております。

国内でも菅首相が11月にも追加経済対策の査定を提示するみたいで

どのような政策をしてくるのか楽しみです。

個人的には今注目しているのはブレグジットです。

進展が見られないようでこのままだと合意なき離脱になります。

コロナに加え合意なき離脱となれば

相当な打撃を受けそうな印象なので、ポンドが荒れてくるのではと

注目しています。

昨日は僕はトレードをしませんでした。

何度かしようと試みたのですが、ユーロ時間に動きが

定まらなかったためアメリカ時間はほとんどチャートを見ずで

トレードチャンスを見逃してしまいました。

ゆったりする週もあっても良いかと思いつつ

チャンスがあればトレードをしていこうと思います。

それでは本日の相場分析をしていきたいと思います。

EURJPY 1時間足

EURJPY 1時間足

現在123.85円のサポートラインを抜けてきており

さらに下を目指す動きになってきそうな環境です。

とりあえずは123.55円は目指してくるでしょうね。

その下になってくると123.10、122.50円となってきます。

122.50円を下抜けしてくると相当下落する可能性があるので

注目しておきたいですね。

今は戻り売りを中心に考えておきたいので

123.95円付近もしくは124.20円のどちらかのレジスタンスラインで

反発する動きがあればショートをしていきたいですね。

このまま下落するようであればサポートラインまでの距離が近いため

トレードをするつもりはありません。

どのようになったらトレードをするか考えてから

エントリーをしていきましょう。