EURJPY

2020.09.16の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日はアメリカ市場は株高にはなりましたが、2ドル高と小動きとなりました。

今日FOMCがあるため、様子見姿勢委が強かった印象です。

中国の小売売上高は予想以上に回復したほか

ドイツのZEW景気機体指数も20年ぶりの高水準に達するなど

順調に世界経済が回復しているようです。

その中でもWHOがアメリカが中国の輸入製品に対する関税は違法としたことで

デカップリングがどうなるのかもある中、

アメリカの今後の動向に注目されます。

僕は昨日は1トレードをして1勝となりました。

最低限は取りましたが、EURUSDではなく

GBPUSDでトレードをすれば良かったなぁと後悔もあります。

今日はFOMCがあり、明日には日銀金融政策、

イギリスの金融政策の発表と荒れる展開が予想されるため

ポジションを整理しつつ負けないトレードをしていきましょう。

では本日の相場分析をしていきたいと思います。

EURJPY 1時間足

EURJPY 1時間足

現在は大きく見ると124.40~126.75円のレンジとなっていますね。

124.40円を割っていくと124円を目指して下落していきますが、

最終的に124円を割るようだと大きく下落していく可能性が高まります。

USDJPYも昨日分析したとおり下落が続くようであれば

EURJPYの下落も大いにありますので

USDJPYの動きにも注目しつつEURJPYの戦略をしていきたいですね。

本日の下落で124.40円付近まで下落してきた場合

反発するようであればロング。

下落するようであれば戻り売りを考えてトレードをしていきましょう。

2020.09.09の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日もアメリカ株が大きく下落していましたね。

ブログに書いたとおりやっぱりというか・・・。

NYダウは632ドル安となり、ナスダックは4%超も下げました。

個別銘柄で下落が目立ったのはテスラ株です。

なんと20%超も下落したみたいです。

また、コロナウイルスのワクチンとして注目されていた

アストラゼネカが安全性の懸念から

最終段階の臨床試験が中断されたみたいです。

本日ももしアメリカ株が大きく下落してくるかもしれませんので

注意だけはしておきましょう。

為替の流れは株安が始まってからドル高、円高になっています。

こちらもどこで止まるのか注意してみておきたいですね。

僕は昨日4トレードをして2勝2敗でした。

うまいこと利益を伸ばせなかったことが悔やまれますが、

今日もチャンスがあればトレードをしていきたいと思います。

それでは本日の相場分析をしていきたいと思います。

EURJPY 1時間足

EURJPY 1時間足

現在下落が続いている状況です。

問題はどこまで下落するかという点になってきますが、

ポイントとなりそうなところが124.30円、

もしくは124円付近と見ています。

この124円を割ってくるようだと123円付近となってきますが、

この124円付近のサポートラインはそれなりに強いと見ているので

一旦はショートをやめた方がいいでしょう。

またショートをしていきたいとなるのであればそれからの戻り売りですね。

同じ欧州通貨であるポンドがどの通貨よりも下落しており

気になるところではありますが、

これはEU離脱についてまた注目されているからなのか。

それとも株安によって作り出されている下落なのか。

判断ができないので僕はポンドは触らず

ユーロもしくはオセアニア通貨でトレードをしていきたいと思っています。

2020.09.02の相場分析

昨日はNYダウが215ドル高、ナスダックは連日最高値を

更新し続けています。

ISM製造業景気指数が良好な内容となり

2018年11月以来の高水準となりました。

その中でブレイナードFRB理事が追加緩和の実施を示唆したことにより

引き続き株高、ドル安が続く状況になっているかと思われます。

本日は雇用統計の前哨戦でもあるADPがあります。

もし雇用統計が悪いようだと追加緩和実施が早まるでしょうから

注目しておきたいですね。

僕は昨日のトレードは3戦3勝で終わっています。

その中の2つは2日間保有していたのですが、

いい感じで決済することができて、

今月の目標をとりあえず達成しました(笑)

とはいってもチャンスがあればまだまだトレードをしていくつもりです。

それでは本日の相場分析をしていきたいと思います。

EURJPY 1時間足

EURJPY 1時間足

昨日高値を更新しましたが、

下落したという展開ですね。

流れは上昇とみていますが、短期的な見方をすると

126.10~126.30の小さなレンジ相場となっています。

基本はロングを考えていきたいですが、

レンジを上抜けてからの押し目買いが

やりやすいかなぁと思っています。

逆に下に抜けたときは強いサポートラインまでに

3つほどサポートラインがあるので

その中で止まるところ、反発するところで

ロングを狙いたいですね。

トレード環境としてはやりにくい展開ですので

無理せずわかりやすい形になったときのみ

トレードをしていきましょう。

2020.08.26の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日はNYダウが60ドル安になる一方、

ナスダックは最高値を更新しました。

円通貨も円安となり大きく相場が動いた1日だったかと思います。

ドルストレートはレンジ相場となりつつあり

どちらにレンジを抜けてくるかが今後の注目になってきそうです。

そんな中で明日の27日~28日に注目されている

ジャクソンホール会議があります。

その中でパウエルFRB議長の講演が27日に予定されており

この日に大きく動いてくる可能性があります。

ですので、ポジション管理をしっかりして

損切りをしっかりしていきましょう。

僕は昨日トレードを4戦し、4勝となりました。

これで一昨日負けた分はなんとかクリアーですかね。。。

それでは本日の相場分析をしていきたいと思います。

EURJPY 1時間足

EURJPY 1時間足

現在は125.55~126.10円のレンジ相場になってきていますかね。

125.55円を割ってくるとまた下落相場の継続。

126.10円を超えてくると上昇相場の再開という感じでしょうか。

とりあえず今は、125.55円のサポートラインに如何に引きつけて

ロングをしていくかが僕の戦略ですかね。

サポートラインで反発すれば大きく勝てますし、

もし逆に割れた場合は引きつけている分

負けも少なくて済みますからね。

明日相場が荒れる可能性がある分

できれば今日中にポジション整理や負けがないような

状況には最低限しておきたいと思います。

2020.08.20の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日はFOMC議事要旨が公表され

積極的な刺激策を予想より長期にわたって実施する可能性が示されました。

また、イールドカーブ・コントロールに否定的な見解が盛り込まれました。

その結果10年債などの長期債の利回りが反転しドル高となったみたいです。

その中で新型コロナウイルス追加経済救済策を巡り

共和党・民主党指導者は交渉を再開する見通しで規模を削減しての

合意の可能性が報じられています。

トランプ大統領は小規模企業対象の追加支援を望んでおり

どの規模まで支援が進むかが注目となってきそうです。

僕は昨日、4戦して3勝1敗となっています。

昨日のトレードにおいてもうちょっと損切りを

早められたのではないかなぁと考えています。

1回1回のトレードに勝ったから良い。損切りしたから良いではなく

跡から見直しても同じトレードをするかどうかを考えて見直してみましょう。

それでは本日の相場分析をしていきたいと思います。

EURJPY 1時間足

EURJPY 1時間足

現在はサポートラインとトレンドライン内で動いている

といった環境です。

トレンドラインを上抜ける可能性が高いとみていますが

色んな円通貨が上抜けるか、下抜けるかという

重要なポイントにあるのでどちらかに抜けた場合は

大きく動く可能性が高いとみています。

僕の考えはドル安になると考えているので

USDJPYが下がった場合でもEURUSD次第で

EURJPYは上がります。ただ、大きくは上がらないかもしれませんが・・・

今は125.35円付近のサポートライン付近でロング。

もしサポートを割るようだと損切りという考え方で

トレードをしていこうと思っています。

ただ、トレンドラインで落とされる可能性もあることを理解して

どこで決済するべきかを考えていきたいですね。