USDJPY

2020.11.24の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日はNYダウは327ドル高となりました。

製造業PMI速報値が予想外に10月から改善し

2014年9月来で最高となったことがきっかけに

円安に大きく振れ、株高、ドル高、円安となりました。

また、バイデン氏が次期財務長官にイエレン前FRB議長を指名するという

報道がFRBとの連携、そして大規模な財政策への期待が上がっています。

また、アストラゼネカが開発する新型コロナウイスるワクチンの

良好な結果や支給量も多いことやアメリカ国内ではワクチン接種が

約3週間以内で開始といったポジティブニュースが続いています。

仮想通貨も大きく上昇しており、投資が盛り上がっている印象が出てきました。

僕は昨日1戦だけして1勝と週初の出だしとしては

良い始まり方をしたと思っています。

それでは本日の相場分析をしていきたいと思います。

USDJPY 1時間足

USDJPY 1時間足

昨日は103.70円付近から一気に104.65円付近まで上昇をし

104.65円のレジスタンスで止められているという環境になっています。

時間軸で考えた時、来週まで高値を超えれないようであれば

下落の可能性が高まり、今週中に高値を超えるようであれば上昇というように

今のところ考えています。

ですので今は押し目買いを中心に考えたいですね。

104.35円付近のサポートラインもしくは104.25円付近のサポートラインの

どちらかで止まって反発するようであればロングを仕掛けたいです。

とりあえずはこのサポートラインと104.65円付近のレジスタンスの

レンジ相場になるのではないかと考えています。

上記のサポートラインで反発しないようであれば

104.10~104.20円付近のサポートラインまで

下落する可能性が出てきますので

その点だけ注意してトレードをしていきましょう。

2020.11.19の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日は、NYダウが344ドル安となりました。

引き続き、コロナワクチンのニュースで一喜一憂することがあり、

ファイザーが開発中のワクチンの最終分析で有効性が95%に

達したと発表されました。

その中でコロナ感染が拡大しており東京都でも過去最多の493人感染し

警戒レベルを4段階の最上位に引き上げました。

この結果再び飲食店等が営業自粛に追い込まれる危険性が出てきています。

世界では一部の経済制限をしていることから経済支援を再びし始めている

国が増えてきており、アメリカ、日本ではどのような支援をしてくるのか

要注目です。

昨日は8戦して4勝4敗で終えています。

方向性はあっているにもかかわらず損切りをしていることが毎回出てきており

エントリータイミング等がズレてきている印象があります。

もっと慎重にトレードをしていかないと資金がなかなか増えないので

焦らずじっくとトレードチャンスを待ちたいと思います。

それでは本日の相場分析をしていきたいと思います。

USDJPY 1時間足

USDJPY 1時間足

現在103.65~104円の間で動いています。

相場の流れとしては円高ですので

このまま下落していく可能性が高いとみています。

ただ、どこでエントリーをするかがポイントになってきます。

安値更新でエントリーの場合は戻り売りを中心に考えてトレードチャンスを待ち

レンジになるようであればレンジ上限になる可能性が高い

104円付近でショートをしていくことが

安全なトレードとなってくると考えています。

エントリーの回数が増えれば必然的に負ける回数も増えてきます。

負ける回数が増えていく場合はリスクリワードが重要となります。

どのトレードのやり方が自分に合っているのかを考えて

慎重なトレードを心がけていきましょう。

2020.11.17の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日も荒れましたね。

NYダウとS&P500がともに過去最高値を更新し

日経平均も29年ぶりに26,000円を回復しました。

そのきっかけが前週のファイザーに続き

モデルナが臨床試験で高い有効性を発表し

株高、円安、ドル高で相場は動きました。

個人的にUSDJPYを売っていただけにかなりの痛手を食らいました・・・

ファイザー、モデルナ共に結果は良かったわけですが、

副作用や供給量などを考えるとどうしてもコロナが世界で収まるのは

来年の今頃まではかかるんだろうなぁと思っています。

昨日は9戦して6勝3敗でした。

このうちの2敗は先ほど書いたUSDJPYでの負けになっています。

売り増しをしてたため利益が乗っているときに一度決済するか悩みました。

そういった場面でモデルナのニュースが来たので

本当に最悪のニュースが来たなと久しぶりに吐き気を催しました(笑)

自信があるときは売り増しや買い増しなどをするのですが、

初めて失敗したかと思います・・・

結果的にもう一度USJDPYをショートをして

大きくプラスで1日が終えれたのが幸いだったように思えます。

今日もチャンスがあればトレードをしていく予定ですが

ドル高にもドル安にも動きそうなポイントに色んな通貨があるので

注意してトレードをしていきたいですね。

それでは本日の相場分析をしていきたいと思います。

USDJPY 1時間足

USDJPY 1時間足

昨日は円高の流れでしたが、モデルナのニュースで

105.15円のレジスタンスまで急上昇し

そこから全戻しをして現在104.45円付近に値があります。

このまま下落することも考えられますが、

一旦戻ってくることも考えたほうがいいかもしれない環境ではあります。

昨日の高値である105.15円を超えない限りは

ショート戦略で考えていき、超えるようであれば

ロングも考えないといけない場面になります。

まずはユーロ時間にドル高に振れるのか、ドル安に振れるのか。

円高に振れるのか。円安に振れるのかを見てからでも

トレードはいいかなと思っています。

トレードは勝ちやすいポイントでトレードをしなければいけませんので

自信があるときほど確実に利益をとっていきましょう。

2020.11.10の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日はすごい相場となりましたね。

そもそもアメリカ大統領選挙でバイデン氏が勝利宣言をしてからの

相場でしたので、どう動くかという点で期待のある日ではありました。

その中でのファイザーのワクチン開発のニュースが報道されると

株価、為替が驚くほどの動きを見せました。

NYダウは一時3万ドル超え、S&P500も最高値更新をし、

USDJPYなどの円通貨は200Pips近い上昇と荒れました。

気になる点を上げるとすると

ナスダックの日足下落などの株価の高値維持ができなかったこと。

ワクチンができたことによるFRBによる追加緩和があるのか。

アメリカの大規模な経済支援はあるのか。

ワクチンは特効薬ではない。そして世界に行き渡るのに1年はかかる。

という点です。

とくにアメリカの今後の動きが見えなくなってしまったため

これからの動きが読めないというのが僕には痛手です。

その日、その日に合わせてトレードをしていくしかないという

感じで考えています。

僕は昨日トレードを1戦だけしました。

結果は1勝です。

今週の稼ぎを稼ぐことはできたので今週はゆったりできるのですが

あの相場で今月分を稼げなかったことは痛手です。

ですので、今日またチャンスがあればトレードをしていこうと思っています。

それでは本日の相場分析をしていこうと思います。

USDJPY 1時間足

USDJPY 1時間足

昨日103.40円ぐらいから一気に105.60付近まで上昇しました。

ただ、現在は105円付近まで下落している環境です。

気にする点は昨日の高値を抜けるのか。

それともこのまま、また下落するのか。

この2点を気にしています。

ボラティリティーが大きかったため下落幅が大きくなってしまいますが

104.75円付近で止まるかをまずは気にしてます。

このポイントを抜けてくるようだと104.40円、104.11円と見ています。

先週までは、株高、ドル安、円高だったわけですが、

昨日のニュースで株高、ドル高、円安となったため

どちらの動きをするのかに注目してトレードを慎重にしていきましょう。

2020.11.03の相場分析

昨日はNYダウは大きく上昇しました。

本日は祝日のためほとんど相場が動いていない環境ですが、

明日はアメリカ大統領選挙の日となるので大きく荒れる可能性が高くなります。

最近までバイデン氏がトランプ大統領を支持率で大きくリードしていましたが

直近は拮抗している状態らしくどちらが勝っても

おかしくない状況になっています。

欧州のコロナ感染も拡大しており、フランスでは新規感染者が

過去最多を更新したほか、死者数も4月以来の高水準になっているみたいです。

欧州各国コロナ対策に悩んでいる様子です。

そんな中、本日、オーストラリアでは金利が0.25%から

0.1%に引き下げられました。

また国債買い入れ規模の拡大やさらなる政策を投じる準備はあると

ロウRBA総裁はコメントしています。

コロナで世界各国がさらなる緩和政策をとる予定ですが、

とにかく明日のアメリカ大統領選挙は注意しましょう。

僕は昨日のトレードはノートレードでした。

11月最初のトレード日ということでいろいろとトレードタイミングを

考えていたのですが、ポンドの窓開けなど気になる点があったため

トレードをしませんでした。

今日チャンスがあればトレードをするつもりですが、

無理をせず最悪今週トレードはできないかもと思いながら

チャートを見ておきたいです。

それでは本日の相場分析をしていきたいと思います。

USDJPY 1時間足

USDJPY 1時間足

現在104.65円のサポートラインで止められている感じですね。

このサポートラインを割ってくると104.08円のサポートラインを

割ってくるのかそれともどこかのサポートラインで止められるのか

を注視していくことになります。

もし割った場合は101.20円を目指した動きになってくるかと思われます。

アメリカ大統領選挙があるため無理してポジションを

長期的に保有することはしない方が安全だと思いますので

なるべく今日中にポジションはなくしておきたいですね。

前回の大統領選挙では101円まで下落、105円まで上昇。

そこから118円まで上昇を続けるという荒れた相場になっていました。

ここまで荒れた相場になるかどうかは分かりませんが、

注意だけしておくと良いかもしれません。