0年 0月 の投稿一覧

2016.6.9の相場分析

今日の分析、ポンド円を見ていきます。

gbpjpy4h6.9

4時間足チャートです。

 

大きな時間足では下落継続として見ており、147円台までの下落はあるのではと見ています。

現在は152円台まで下げた後、赤横線がある158円付近まで上昇して再度下げています。

 

158円あたりは過去サポレジがあったところですので、

ダウントレンドになるなら頭を抑えられやすいところからの下落となっています。

 

もう少し上昇の期間があると個人的には売りでエントリーしやすかったですが、急落急騰という動きでトレードはしづらい相場です。

 

今のところは158円あたりを越えることなく147円台を目指して下落があるのではと見ていますので、

チャンスがあれば売りで見ていきたいと思います。

 

大きな節目は152円後半の安値を抜けるかどうかと見ていますので、そこが1つのポイント

あとは売りの形が出てくれば売りでエントリーしていきたいという相場です。

 

今月23日はイギリスがEUを離脱するかどうかという状況ですので、

安全に利益確保できるトレードで行きたいと思います。

自転車30kmからの~~ #キャノンデール #弱虫ペダル #大三島サイクリング

今日も漕いできましたよ!!!

30km!!!

13269252_10153553806991466_3600561116428852715_n

 

時間にして1時間半。

前半の15kmはもう坂しかありませんww

辛すぎです。

 

後半の15kmは最早流している感じです(笑)

でも余裕!!!

 

明日からは、さらに、

「海で長友メソッド」

も入れていきたいと思います。(笑)(笑)

 

51V5jqN0iZL._SX348_BO1,204,203,200_

 

自転車のあとはバナナジュースです!!

12991129_10153553807046466_7305446225521999057_n

 

次回はうちの畑と健康食品紹介します。

2016.6.8の相場分析

今日の分析、フラン円を見ていきます。

chfjpyday6.8

日足チャートです。

 

日足ではチャネルの中でずっと下落相場となっています。

これを上に越えてくればアップトレンドになりますが、まだ当分下落相場が続くのではないかと現状見ています。

 

chfjpy4h6.8

4時間足チャートです。

 

4時間足で直近の重要なポイントはこのトレンドラインを見ています。

これを上に越えてくると日足チャネルくらいまでの短期上昇の可能性がありますが、このままの下落継続なら

直近高値の111円台後半を起点に下げてくるかもしれません。

 

まだ当分下落が続く可能性として見ていますので、

売り場となるかもしれません。

 

あとは何かわかりやすい形がでれば売りを検討したいと思います。

 

現状は全体的にクロス円は様子見として見ていて、

このまますんなり下げられても売り場がないのでチャンスを待ちたいと見ています。

2016.6.7の相場分析

今日の分析、キウイ円を見ていきます。

nzdjpy4h6.7

4時間足チャートです。

 

4時間足ではフラッグを形成している可能性があります。

これを下に抜けると下落に勢いがつくかもしれませんので売りで見ていきたい相場ですが、

このまま上昇するような完全に様子見となる通貨です。

 

買い側はトレードポイントが見えてきませんので、

売り一択でチャンスを待ちたいと見ています。

 

下に抜けたら直近の安値がある72円台前半を見ておきたいと思います。

 

今月23日はイギリスがEUから離脱するかどうかの国民投票が行われます。

これによって既に荒れていますが、ポンドが更に荒れる可能性がありますのでチャンスでもありますし注意もしておきたいと思います。

2016.6.6の相場分析

今日の分析、ユーロオージーを見ていきます。

euraud4h6.6

4時間足チャートです。

 

4時間足では現在上昇中の可能性があり、一旦のレンジとなっています。

あまり奇麗ではありませんが、フラッグの可能性があり上に越えるとある程度の上昇があるかもしれません。

 

越えなければ当然不成立ですが、

越えてくれば短期買いで考えておきたいと思います。

 

もしかしたら強く上昇が続くかもしれませんので、それはその人それぞれの分析次第ですが、

個人的には上昇が続く可能性は見ていますがそこまで自信はないので、

短期で終わらせたいと思います。

 

目標としては1.57台前半をターゲットとして見ています。

 

 

eurusd4h6.6

上の画像はユーロドル4時間足ですが、

下の赤線がある高値を越えたところから買いでエントリー、

上の赤線で決済としました。

 

雇用統計もありましたが、形が逆ヘッドアンドショルダーで奇麗だったのでトレードしました。

シンプルでわかりやすいトレードだったと思います。

 

トレードで勝ち続けるためには、その人にとってシンプルで勝てるものでなければやり続けられません。

実践でも躊躇なくトレードできるかどうかがポイントです。

 

そういうものを見つけるとトレードで勝つのも難しくありません。

そんな考え方で自分のトレードルールを探していきましょう。