2020.05.21の相場分析

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

※ブログランキング参戦中!→ 現在の順位はこちら


こんにちは。蒼士です。

昨日、FOMC議事録が公表されましたが、

追加量的緩和も可能と記述が含まれており

19日に行われたパウエルFRB議場の議会証言での発言内容と一致する

ということから想定内の内容となっております。

個人的にはトレードを2トレードわけですが、

1勝1敗で終わっております・・・(涙)

とはいえ、利益だけを見ると断然勝ちなわけですが、

負けたトレードを考えると無駄なトレードだったなぁと感じております。

トレードをするにしても、エントリーするタイミングが違うだろうと

後悔しております・・・

では、本日の相場分析をしたいと思います。

EURUSD 60分足

現在、1.0950付近のサポートラインで反応をしていますが、

大きく見ると1.7060~1.0990のレンジ相場と見ることができます。

約2ヶ月間の長い期間200pipsで動いているわけですから

相場的には上手にトレードをしていれば利益をそれなりに取れている場面とも

言えますね。ただそろそろどちらかに動き出してもおかしくないので

昨日の相場分析でも書いた通り、トレードをするなら如何にサポートライン、

レジスタンスラインに近づけてトレードをするかになってきます。

レジスタンスラインを超えてくると1.1150付近までの上昇は見込めてくるので

もしショートを考えているのであればすぐに損切りはしましょう。

ただ、2ヶ月間と長いレンジですので、簡単には抜けてこないかと思われます。

もし上抜けをするのであれば1.0900より上のサポートラインで

レンジを作るなりして最終的に上抜けするなど、

どのようになったらロングをするのか。

どのようになったらショートをするのかを

常に考えてトレードをしていきましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)