GBPJPY

2021.04.08の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日のNYダウは16ドル高となりました。

昨日発表されたFOMC議事要旨で早期の緩和策縮小観測が後退したことが

株価の下支えになったみたいです。

株価は日本株は下落しているが、アメリカ株は高値を更新を続けていることを考えると

日本株は日銀をきっかけに限界にきているのかもしれません。

為替は方向感のない相場が昨日は続いてトレードが非常に難しかったと思いました。

円通貨、ドルストレートともにどっちに動いても可笑しくないと思っていたので

余計なトレードをしてしまった感もあります。

そのためか昨日は2戦2敗でトレードを終えています。

通常の僕であれば勝つまでは少なくともトレードはする可能性が高いのに

昨日は全く出来ませんでした。

円通貨は下に下落すればもう一段の下落がある。

逆に反発も考えられるポイント。

ドルストレートも同じでドル高にもドル安にもなるポイントにある。

そのため僕はトレードが積極的にできず負けで終わってしまいました。

今日できればよいのですが・・・

それでは本日の相場分析をしていきたいと思います。

GPBJPY 1時間足

GBPJPY 1時間足

高値から考えると300pips近い下落をしているGPBJPYですが、

そろそろポイントに来たと見ています。

150.60円前後のポイントは結構重要と思っていて

このポイントを割るようだと148.50円近くまで下落する可能性が上がると見ています。

そのため上昇トレンドがもし継続中であるならばそろそろ反発をして

上昇に切り替わるポイントだと思っているのですが・・・

今までの下落の仕方が正直大きかったのと

サポートラインでの反発の仕方が弱かったためトレードが出来ておらず

様子見と今はなっています。

今日のユーロ時間とアメリカ時間の動き方を見てトレードを検討する予定です。

正直円通貨全体で円売りにならない限りトレードはしにくい環境ではありますが・・・

慎重に今はトレード機会を待って

チャンスがあればトレードをしていこうと思います。

2021.04.01の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日のNYダウは85ドル安となり続落となりました。

バイデン大統領が国内インフラ整備に8年間で2兆ドルを投資する

新たな計画を発表しました。

老朽化した道路などの整備、電気自動車の充電ステーションの50万か所の設置など

があります。また、国家主導で次世代産業を育成する中国に対抗する姿勢を示しました。

財源としてはトランプ前大統領が引き下げた法人税率を

21%から28%に引き上げる方針も示しました。

これを受けて今後株価などがどのように動いてくるのか注目ですね。

昨日はいつ発表されるかわからなかったので小まめなトレードをしました。

2戦して2勝です。1ポジションだけまだ持っている通貨もあるのですが、

これは今日か明日には決済するでしょうね。

トレード内容としては自分的にはほぼ完璧だったので

引き続き続けていきたいですね。

それでは本日の相場分析をしていきたいと思います。

GBPJPY 1時間足

GBPJPY 1時間足

現在は高値を更新し続けており上昇トレンドが継続していますね。

USDJPYも上昇トレンドなので、まだ下がる可能性は低いかもしれませんが、

そろそろ下落の警戒はしておいたほうがいいでしょうね。

先月の中頃から1週間ぐらいで約400pipsほどの下落をしての高値更新なので

上昇してもおかしくもないわけですが、警戒はしておきましょう。

直近では152.35~152.80円のレンジとなっています。

レンジ下限を割った場合は下落する可能性が非常に高いですので

注意はしましょう。ただ、基本は上昇トレンドですから

どこで押し目買いをするかを考えてトレードをすると勝率も上がりますし

利益も簡単に増えますので、待ってトレードをしていきたいですね。

152.20円付近で止まらない場合、151.85円付近、151.20円付近と

狙い目を下げて止まるまで待ちたいですね。

ただ148.50円を割った場合は買いから売りになる可能性もありますので

その点だけは注意しましょう。

2021.03.25の相場分析

こんにちは。蒼士です。

NYダウは3ドル安でしたが、ナスダックは265ポイントの大幅安となりました。

バイデン大統領が31日に数兆ドル規模のインフラ投資計画を発表すると述べました。

その内容としてはインフラ整備、気候変動、所得格差への対応などがあるようです。

最大で4兆ドルまでなるみたいです。

市場はこれよりも増税計画に警戒があるようで、トランプ前大統領の時に実施された

富裕層向け減税措置を打ち切り、法人税を28%まで引き上げるような発言を

イエレン財務長官がしています。

株価のバブルが終わるのかどうかはまだ分かりませんが、

これからどのような動きをしていくのか注意が必要そうです。

昨日は1トレードだけして1勝で終わりました。

思ったほど稼げなかったのでもっとトレードをしようと思っていたのですが、

チャンスらしいチャンスがなかったため諦めています。

今日も良いトレードが出来るように頑張りたいですね。

それでは本日の相場分析をしていきたいと思います。

GBPJPY 1時間足

GBPJPY 1時間足

現在下落していますが、

長期目線はロングで変わっていません。

短期的なショート。長期的なロングと見ています。

ただ147.50円付近のサポートラインを割った場合はどこまで下落するか読みづらくなるので

ロング目線は一旦解除するつもりです。

市場は株安、ドル高という年初からの相場の逆になっているので

トレード能力が低いと負ける相場となっていますが、

損切りをちゃんと行い、ポイントポイントで決済をしていれば

相場は勝てます。

148.50円が安値となって上昇に転じるのか

148.10円、147.50円と大体50pips間でサポートラインがあるので

ポイントでショートをして強めのサポートラインではロングをするという

わかりやすいところだけトレードをしていきましょう。

2021.02.24の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日はNYダウ15ドル高となりました。

パウエル議長の上院議会証言があったためか

久しぶりに荒れた相場になった印象があります。

ドルが買われたり売られたりと乱高下でした。

証言では雇用と物価の目標達成から程遠い状況。

月額1200億ドルの債券購入ペースを維持するとの見方が伝わりました。

その結果ドル売りとなり現在に至っています。

このままドル売りがどこまで継続されるのか分かりにくいですが、

転換が見えるまではとりあえず円売り、ドル売りで考えて行く予定です。

昨日は1トレードのみして1勝でした。

上手いこと利益を伸ばせなかったのですが、

昨日の動きではしょうがないですね。

このままポイントポイントで利確して

コツコツと利益を取っていきたいところです。

それでは本日の相場分析をしていきたいと思います

GBPJPY 1時間足

GBPJPY 1時間足

今日の朝にGBP全体の値が飛んだ感じでしたが

現在も引き続きGBP買いの状況ですね。

最初にポイントと見ていた148円を抜けてきたところで

今はどこまで上昇するのかが見えていません。

ただ149.70円、150円付近はポイントとして

考えておきたい場所ですね。

今は10円近くずっと上昇し続けているだけに

下手な売りは考えずにロングのみを考えるべきではありますが、

高値づかみということも考えないといけませんので

押し目買いを中心にトレードをしていきましょう。

2021.02.16の相場分析

こんにちは。蒼士です。

日経平均がすごいことになってきましたね。

昨日3万円にとうとう乗ったと思えば

今日は30,500円付近で推移しており上昇の勢いが止まりませんね。

その影響なのか円通貨も円売りの勢いがついていますね。

流れとしてはドル売り、円売り、株高といった構図です。

唯一USDJPYだけが高値更新をしていないので

このレジスタンスでどうなるかが今日のポイントになるのかもしれませんね。

この円安の流れも明日には落ち着いてくるでしょうから

稼げるときに稼いでおきましょう。

僕は昨日は3トレードをして3勝となりました。

正直円通貨を決済せずに放置が一番利益になっているのですが、

まぁそこは気にせず

コツコツと利益を積み重ねていこうと思います。

それでは本日の相場分析をしていきたいと思います。

GBPJPY 1時間足

 

GBPJPY 1時間足

現在146.85付近のレジスタンスを超えたことで

148円付近までレジスタンスらしいレジスタンスがないと見ています。

148円付近から80pipsぐらいの間隔でレジスタンスラインがあると

見ていますので、そこからは注意した方が良いでしょうね。

今は押し目らしい押し目が出来ない状況となっているため

ロングをしにくい環境となっていますが、

147円付近まで戻るようなことがあるようであれば

反発するときにロングを考えたいですね。

USDJPYが105.65円、105.80円を超えるようであれば

円通貨がさらに上昇する可能性がも出てきますので

要注目していきましょう。