2022.01.19の相場分析

こんにちは。蒼士です。 週明けのNYダウは543.34ドル安と大幅に下落しました。 為替はドル高となりそのため、円通貨も円高となっています。 FRBの急速なタカ派シフトで株価が荒れ始めており 複数のFRB高官から年3回の利上げどころか4回の利上げに賛同する声が相次いでいます。 また、ハト派とされてきたウィリアムズ総裁は年3~5回の利上げの可能性を示唆し、 ウォラー理事もインフレ動向次第では5回の...

記事を読む

2022.01.18の相場分析

こんにちは。蒼士です。 昨日のアメリカの株式市場は休場でした。 為替は円安に振れており、先ほど日銀の政策金利発表でドル買いが加速しております。 大きく動いた理由が原油を初めとする原材料価格の上昇を踏まえて 2022年度の物価見通しをプラス1%台に引き上げられる方向で議論され、 マイナス金利が解除される可能性もあるということで注目されていました。 そのため物価見通しは想定内で現状維持が決まったこと...

記事を読む

2022.01.13の相場分析

こんにちは。蒼士です。 昨日のNYダウは38ドル高となりました。 為替はドル売りとなっております。 注目されていたCPIが7%と39年ぶりの高い伸びとなりましたが、 ドルは大きく売られEURUSDは1.14の節目を抜け買われ、USDJPYは115円を割って 114.40円近くまで下落しております。 ブラード米セントルイス連銀総裁は高インフレで年4回の利上げの可能性が強まった。 3月の利上げの可能...

記事を読む

2022.01.12の相場分析

こんにちは。蒼士です。 昨日のNYダウは183ドル高となりました。 為替はドル安となっております。 パウエルFRB議長の公聴会まではドル高でいたが、公聴会が始まるとドル安となり USDJPYは115.65円から115.25まで下落しています。 他の円通貨が買われていることからドルストレートでドル売りが強まった結果でしょうね。 今日はインフレ圧力がどうなっているのかを見るCPIがあります。 市場予...

記事を読む

2022.01.11の相場分析

こんにちは。蒼士です。 昨日のNYダウは一時600ドル以上下げる場面がありましたが、下げ幅を縮めて162ドル安となりました。 為替は円高ドル高となっております。 雇用統計が雇用数を大幅に下回ったものの失業率、時給などは良くなっており 市場は3月利上げを予想しているみたいです。 米10年国債も大きく上昇しており、今月末にあるFOMCの会合で早期利上げの是非、 バランスシート縮小について議論される見...

記事を読む