2020.09.10の相場分析

こんにちは。蒼士です。 昨日はやっとアメリカ株が反発しましたね。 NYダウは439ドルと3指数共に上昇に転じました。 そのおかげなのか、円安、ドル安で為替では反応し 金曜日分の下落が戻った印象があります。 ただ、今日の動き次第ではまた下落が始まる可能性も ありますのでその点だけは注意したいですね。 コロナウイルスのワクチンの副作用の懸念があった アストラゼネカが来週にも治験を再開するとしています...

記事を読む

2020.09.09の相場分析

こんにちは。蒼士です。 昨日もアメリカ株が大きく下落していましたね。 ブログに書いたとおりやっぱりというか・・・。 NYダウは632ドル安となり、ナスダックは4%超も下げました。 個別銘柄で下落が目立ったのはテスラ株です。 なんと20%超も下落したみたいです。 また、コロナウイルスのワクチンとして注目されていた アストラゼネカが安全性の懸念から 最終段階の臨床試験が中断されたみたいです。 本日も...

記事を読む

2020.09.08の相場分析

こんにちは。蒼士です。 昨日はレイバーデーのためアメリカは祝日で休場でした。 そのためか、全くといっていいほど 為替相場は動きませんでした。 その中で気になったのがイギリスのボリスジョンソンの EU離脱交渉期限です。 貿易協定について合意期限を10月15日とする意向を示しました。 今週にも8回目の交渉があるみたいですが、 約1ヵ月でどのような進展を見せて、どうなっていくのか 要注目になりました。...

記事を読む

2020.09.03の相場分析

こんにちは。蒼士です。 昨日もNYダウが454ドル高、ナスダックが高値更新と アメリカの株高が続いています。 経済指標ではADPは悪かったものの他の指標が予想を上回り FRBが公表したベージュブックでペースは緩慢ながら 全米の経済活動の拡大継続が確認されたことが好感されました。 ただ、雇用統計が悪かった場合、追加支援の思惑が広がるでしょうから 株高、ドル安の流れを加速しそうです。 昨日は僕はトレ...

記事を読む

2020.09.02の相場分析

昨日はNYダウが215ドル高、ナスダックは連日最高値を 更新し続けています。 ISM製造業景気指数が良好な内容となり 2018年11月以来の高水準となりました。 その中でブレイナードFRB理事が追加緩和の実施を示唆したことにより 引き続き株高、ドル安が続く状況になっているかと思われます。 本日は雇用統計の前哨戦でもあるADPがあります。 もし雇用統計が悪いようだと追加緩和実施が早まるでしょうから...

記事を読む