ブログカテゴリ

2022.09.22の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日のNYダウは522ドル安となりました。

注目されていたFOMCでは予想通り0.75%の利上げとなり

3会合連続の0.75%となりました。

FRBから政策金利見通しが発表されましたが、かなり引き上げられており

これが引き金となってドル買いとなりましたが、

かなり乱高下して結果だけ見るとドル買いで終わっています。

パウエルFRB議長の発言で今の政策金利水準は抑制的な領域においては一番低いころだと言及しており

景気を犠牲にしてでもインフレ抑制が最優先されることが確認され

かなりなタカ派イメージで終わっています。

先ほど日銀の政策金利発表がありましたが、こちらも予想通りとなり

量的緩和策も変わらずと言うことで円売り流れは変わらず続くと予想されます。

財務省が最近口先介入が増えてきていますので気になるところではありますが、

150円を意識しているのかなという印象がありますね。

昨日は1トレードだけしており負けなしの保有状態となっています。

FOMC後にトレードが上手くいった感じですので、利益が伸びてくれると嬉しいですね。

USDJPY 1時間足

USDJPY 1時間足

現在FOMC後、日銀の政策金利発表後ということもありチャートが荒れている状態ですね。

143.40を割ってくるとさすがに調整が入るかと思われますが、

チャート的には上昇ですね。

一時145円を超えており年内に147円もしくは150円というのが現実的になってきております。

最近株が売られているとドルが買われている傾向があり

この点が気になってきておりますが、原油価格も下落してきていることから

来月からのCPIも気になってきますね。

景気悪化よりも利上げ優先の各国ですが、どのポイントをピークに価格が終わるのか

これからも注目です。

2022.09.21の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日のNYダウは313ドル安となっております。

今日は注目のFOMCがあり、明日は日銀の政策金利発表があります。

FOMCでは0.75%なのか1.0%の利上げなのかに注目が集まっており、

1.0%であればサプライズとなります。

日銀の政策金利発表では政策の変更があるのかないのかに注目です。

変更がない場合は円安の流れは基本変わらないことになります。

ただ、政策変更をする方が為替介入をするより効果が見込めるわけですから

為替レートチェックをしていたことを考えると日銀が今後どういった行動をするのかが

要注目ですね。

昨日はノートレードでした。今日と明日の政策金利発表があるため

USDJPYのトレードは短期でやめた方が良いのかもしれません。

EURUSD 1時間足

EURUSD 1時間足

現在、約1週間ぐらいのレンジ相場ですね。

0.9950~1.0050のレンジといった感じです。

基本は下落を考えていますが、政策金利発表があった国はほとんどの場合、

材料出尽くしで通貨安になっている場合が

ほとんどなのでEURUSDが上昇へ転じるかもしれませんが、

それでも基本はショート目線で考えてトレードをする予定です。

上昇した場合は最大で1.0200もしくは1.0370ぐらいまでは

考えておいた方が良いのかもしれませんね。

 

 

2022.09.20の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日のNYダウは197ドル高となりました。

米10年債利回りが上昇してきている中、ドルストレートが全体的に停滞している環境です。

特にUSDJPYがレンジ相場になってきており、日銀による為替レートチェックという

行動が一旦円売りを抑えているのかもしれません。

個人的には日銀の政策金利発表で何かしらの対応をしない限り

為替介入をしたとしても相場方向には影響がないとみていますし、

介入する場合もっと頻繁に為替レートチェックをし始めるので関係ないと思っているのですが、

50~60pips内のレンジで約1週間くらい経ちました。

FOMCまでこのまま推移する可能性が高くなっているような気もしますが、

どうなるのでしょうか。

昨日はノートレードでした。

一旦USDJPYが下がるのかなと思って見ていたのですが、思っていた以上に底堅かったため

トレードが出来ず見ているしかありませんでした。

今日もそうなりそうな予感がしますが、チャンスがあればトレードをしていくつもりです。

USDJPY 1時間足

USDJPY 1時間足

明日のFOMCがあり、明後日に日銀の政策金利発表があります。

この2つを終えれば方向性が出てくると見ていますが

今のところ上値も下値も堅いというイメージですね。

ドルストレート全体ではドル売りに少し傾きつつありますが、

FOMCで0.75%の利上げを市場は予想しており1.0%になった場合は

サプライズとなります。

基本は142.80~143.60円のレンジ相場と今のところなっていますので、

ロングをしたい場面ではあるのですが、FOMCがあるため下手にトレードが出来ないという点と

チャート形状上一旦下がる可能性を先週までは見ていたのでトレードが出来ていませんでした。

今はFOMCがなければロングのみを考えるのですが、今は高値にあるため手が出せない感じです。

 

2022.09.15の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日のNYダウは30.12ドル高となりました。

為替は円高となっております。

円高の大きな理由としては日銀による為替レートチェックが大きな要因となっております。

介入による警戒感から円高になったということですが、

為替介入をするのであればもっと為替について言及してくるので正直145円レベルでは

為替介入はしてこないのではないかと個人的には考えています。

ただ、為替が大きく円高に動いたので警戒をする必要性はありますね。

実際に為替介入をした場合、今までのボラティリティの高さから

3~5円近くは円高に動く可能性がありますね。

また、為替介入をした場合の価格帯も重要になるので、色々と注意して見ておきたいところです。

昨日は3トレードして2勝1敗となりました。

思ったほど利益を得られなかったためまたチャンスがあれば

今日も積極的にトレードをしてようと思います。

USDJPY 1時間足

USDJPY 1時間足

CPIで大きく上昇したUSDJPYですが、

日銀の為替レートチェックの影響からほぼ全戻しというレベルの下落となりました。

基本はドル買いで問題ないと考えていますが、為替介入をしてくるのか。為替介入をしてこないのかが

今後の注目点にはなってくるのかもしれません。

とはいえ、日銀の政策を考えると為替介入より、日銀の政策方針を変える方が効果がありますので、

今月の日銀政策金利発表の方が重要になってきそうですね。

本当に円安をある程度止めたいのであれば政策方針を変えてくるはずですから

その点も注目して起きましょう。

 

2022.09.14の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日のNYダウは1276ドル安と大きく下落しました。

きっかけはやはりCPIでしたね。

予想より良かったため株価は急落、為替はドル急騰となりました。

この結果、今月のFOMCはほぼ0.75%の利上げ予想となりましたが、

1.0%の利上げもあるのではという観測も広がりつつあります。

今までかなりのハイペースで利上げを行ってきておりますが、

落ち着く気配が見えないのはさすがにどこまで金利を上げれば落ち着いてくるのか

気にあるところではなりますね。

昨日は2トレードして2勝となっております。

CPI後はトレードが出来なかったため大きく取ることは出来ませんでしたが、

この点についてはしょうがないと思っております。

EURUSD 1時間足

EURUSD 1時間足

現在はまたパリティを割って下落中という感じではありますが、

昨日の下落を考えると急騰全戻しはないのである程度の戻り売りを考えて

トレードをしたい場面ですね。

パリティ付近で止められて下落するか1.0040まで戻して下落するのかどちらかを考えています。

ショート目線で考えたい場面ですが、ある程度の期間のレンジ相場になった場合は反発上昇も

考えておかないといけないでしょう。

大きく見た場合は0.9865~1.0190のレンジと考えた方が良いのかもしれませんね。

基本はショート。超短期で場面によってはロングを考えてトレードをしていきましょう。