ブログカテゴリ

2021.07.29の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日のNYダウは127ドル安となりました。

FOMCでは引き続き金融緩和を辛抱強く維持する姿勢が再表明され一瞬ドル高となりましたが

結果ドル安となりました。

市場では先にMBSの縮小をしていくのではと考えられていましたが、

現状維持となってしまい失望に繋がってのドル売りなのかもしれません。

ただ、パウエルFRB議長の会見でアメリカ国債より先にMBS購入縮小することは一部で支持されたことが

分かりましたのでジャクソンホールで何かしらの進展がありそうな感じですね。

利上げはずっと先であることは明白と発言されているとおり、まずはテーパリングがどのくらい縮小して

いつ終了するかがまずは鍵になってきます。

テーパリングが終わってから経済状況によって利上げに踏み切るでしょうから

早くても来年の秋ぐらいになるのかもしれませんね。

昨日はFOMCがあったためトレードを敢えて見送りました。

今週は動かなかったこともありトレードを全くしていませんが、

今日からトレードをいつも通りしていきたいですね。

USDJPY 1時間足

USDJPY 1時間足

現在は110.30円を高値に109.70円まで下落しております。

まずは前回の安値である109.60円でどうなるのか。

その安値を抜けた場合は109.10円でどうなるのかが大きな焦点になってきそうです。

基本は買いで考えておりますが、短期的にはショートを考えても良い場面にはなっています。

今後、109.10円~110.60円ぐらいのレンジ相場になるのかなぁと思っているので

109.70円まで下落していることを考えるとショートよりは引きつけてのロングを狙った方がいいのかもしれません。

USDJPY以外の円通貨は円安となっていますが、日足で考えると全体的にまだ下落方向です。

GPBJPYが堅調になりつつありますが、全体的に円安になってくるのかもUSDJPYにとって重要だと思いますので

その点も考えつつ、トレードを考えて行きましょう。

2021.07.28の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日のNYダウは85ドル安となりました。

今日は注目のFOMCがありますが、まずはテーパリングについてどのような動きを見せるかだと思われます。

市場のほとんどが8月のジャクソンホールまでは言及はないのではないかと思われていますので

据え置きで推移するのかもしれません。

為替市場の昨日は欧州高となり、資源国通貨は弱く、ドル売りとドル買いが交錯していました。

円通貨は円高でしたが、今日ドルストレートがドル買いになるのか。ドル売りになるのかが

大きなポイントとなるでしょう。

昨日も僕はノートレードでした。

円通貨の売りが出来なく眺めているだけで

途中深夜にロングのポイントがあったのでしようかと悩みましたが

結局トレードをしませんでした。

ドルストレートがレンジ相場のためトレードが非常にやりにくい環境が続いておりますが、

どこかでトレードしやすい環境が出来るまで待ちになりそうです。

EURUSD 1時間足

EURUSD 1時間足

現在下値も堅いが上値も重たいという環境が続いていますね。

今日のFOMCである程度どちらかに大きく動く可能性があるでしょうが、

まずはレンジ相場をどちらに抜けてくるのかという点が焦点でしょう。

もし上昇したとした場合は1.1880が目標となり、

下落した場合は前回の安値である1.1710が目標となってくるでしょう。

環境的には一旦ドル安になりそうな雰囲気があるのですが、

FOMCが終わるまでは様子見をして明日からどうするか考えて行く予定です。

先ほども書きましたが、トレード相場としては非常にやりにくい環境です。

EURはECBでインフレ率2%以上を許容したためテーパリングが遅くなる予想があります。

そのため基本はドル買いだと思いますが、どこでドルを買うのかがポイントになりますので

じっくりチャンスを待ちましょう。

 2021.07.27の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日のNYダウは82ドル高となりました。

ただ日本株は上値が重たい展開になりつつあり、

下落相場になりそうな雰囲気が出てきています。

為替はドル安となっておりEURUSDのネックラインに近づくにつれ下値が堅いイメージになりつつあります。

明日はFOMCがあることからテーパリングがどのように行われるのか気になりますが

市場の予想としては住宅バブルになっているため

住宅市場のMBSから縮小をしていくのではないかと予想されています。

ドルストレートが最近ほとんど動いていないことから明日のFOMCきっかけで

動くかと思われますので注意して起きましょう。

昨日はノートレードでした。

ほとんどの通貨がレンジになってしまっているためトレードがしにくかったというのが

ノートレードの理由ですが、チャンスがあればトレードはしていきたいですね。

USDJPY 1時間足

USDJPY 1時間足

現在USDJPYは110.15~110.45円のレンジになっておりますね。

わすが30Pipsのレンジですがレンジを抜けて上昇していくのか下落していくのかがポイントになってきます。

110円を割ってくるようだとまた下落トレンドへ変わっていくだろうと考えています。

今日動いてくるのか。それとも明日のFOMCで大きく動いてくるのか分かりませんが、

ドルストレートが近くに大きく動くでしょうからまずはドル高なのかドル安なのかも注目して

USDJPYのトレードに生かしたいところです。

基本は買いで考えておりますが、前回の安値である109.10を割るようだと流れは下落相場継続ですので

その点だけは注意しましょう。

2021.07.22の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日のNYダウは286ドル高となりました。

前回の下落を2日ですべて戻すという状況となり株高が続きそうな雰囲気となっています。

ただ、日経平均は28000円を回復する気配がないため、今後もしかしたら崩れてくるのかもしれませんね。

為替はというと円安、ドル安となり今までの円高が嘘だったかのような円安となっております。

基本円高を考えていた僕としては面を食らった状況となりおかげで1度負けてしまいました。。。

今日はECBの政策金利発表があります。

EURUSDの下落の仕方に違和感があったため最近ドルストレートのトレードを控えていましたが

今日の動き次第でトレードが出来るようになるかもしれません。

雰囲気ですが、ドル安になっても可笑しくない環境になっていますのでその辺も注意しながら見ていきたいですね。

昨日のトレードは2戦して1勝1敗でした。

円通貨のボラティリティが高かったので勝つことが出来ましたが、

1敗というミスはもうしたくないですね。

EURUSD 1時間足

EURUSD 1時間足

現在は下落トレンドではありますが下値は堅いという環境になっております。

ただ上値も思い状況であり、今日のECBの結果でどちらかに大きく動きそうな気配がありますね。

年初来安値が近いこともあると思うのですが、この安値を割るようだとEURUSDも今後下落相場継続となり

大きく下落する可能性が出てくるためその辺も注意して見ておきたいところです。

チャートの形状としてはいつ反発をしても可笑しくない状況ですので

下手なショートを狙うよりは上昇を考えております。

とは言ってもECBの金融政策がありますのでその発表が終わってある程度相場が落ち着いてから

トレードをしていこうとおもいます。

2021.07.21の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日のNYダウは549ドル高となりました。

株価が上がったためか円安となりましたが、日経平均の上昇の勢いはなくなってきており

再び下落する可能性が高まっています。

ドルインデックスはドル買いとなっているためEURUSDが今年つけた安値に近づいています。

他のドルストレートは節目を抜けてドル買いに傾いているため

どのような動きになってくるのか要注目ですね。

円通貨に関してはEURJPY、GBPJPY、CADJPYなど節目を守っている通貨もあるため

更なる円高に動くにはこの通貨なども節目を割ることがポイントになってきそうです。

昨日も僕はノートレードでした。

全体的に動き方がトレードをするにはチャンスが少なかったため

チャンスの時にトレードが出来なかったことが悔やまれます。

GBPJPY 1時間足

GBPJPY 1時間足

現在148.50円のサポートラインで大きく反発しています。

このポイントを割ってくるようだと147.30円が目標となり

このサポートラインを割るようだと大きな下落が始まる可能性が出てきます。

このまますぐに上昇するという考え方よりは上昇するのであればレンジ相場になって

上昇へ切り替わると考えていますのでとりあえずはショート目線で今は良いかと思いますが、

150円のレジスタンスを超えてくるのかがまずはポイントになりそうです。

149.50~150円のレンジと今はなっていますので、どちらを超えてくるのかでトレードを考えて行きたいですね。

大きな節目に入ってきていますので無理にトレードをせず

どちらに動くのかがはっきり見えてからトレードをしても遅くはありませんので

なるべく無駄なトレードを避けて行きましょう。