0年 0月 の投稿一覧

2021.06.10の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日のNYダウは152ドル安となりました。

10年債利回りが1.5%を割り込んできましたが、USDJPYは上昇で終わっています。

アメリカ時間までは全くといって良いほど動いていませんでしたが、

アメリカ時間からドル安から急転。ドル高となり乱高下を見せています。

今日はECBの政策金利とアメリカのCPIの指標となります。

EURUSD中心の動きになることは間違いありませんが、ECBは引き続き据え置きになってくるでしょう。

さすがに引き締めの話はないかと思っていますがどうなるのでしょうか。

またCPIは予想が4.7%と高水準になるだけにテーパリングの話がどうなってくるのかに注目しておきたいですね。

指標内容が良いのか悪いのかも注意が必要そうです。

昨日は3戦し2勝1敗となりました。

アメリカ時間前に少しトレードしてアメリカ時間に一回負けてからの取り返しという感じになっています。

今日も1日頑張って行きたいと思います。

EURUSD 1時間足

EURUSD 1時間足

昨日の動き方などチャート形状だけを見ると下落の可能性が高いと思えますが、

トレードポイントという意味では非常に難しくなっています。

ショート中心で考えて行くのか。ロング中心で考えるのかでもトレードの方法が変わりますからね。

現在は1.2164のサポートラインで止められていますが、

このポイントを割っていくとそれぞれのサポートラインが目標になってくるかと思います。

下落ということになると1.2000付近までは下落の可能性を考えておく場面と思っています。

上昇となると1.2250~1.2300がポイントになりそうです。

今日荒れることは間違いないと思いますのでどういった動きをするのかを見て

明日トレードをするという感じが良いかもしれませんね。

 

2021.06.09の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日のNYダウは30ドル安となりました。

為替は全く動きのない1日となったと思います。

明日のアメリカのCPIとECBの金融政策があるための様子見だったのか

小さなレンジで推移していました。

今日もレンジで推移するのか

それともレンジをどちらかに突破するのかがポイントになりそうです。

僕のトレードは昨日も負けて1戦1敗となりました。

全くといって良いほど良いところがありません・・・

今まで連勝していた分、連敗は来ると思っていましたが、きついです。。。

明日までトレードを待つかどうするか迷いますが

チャンスがあれば今日もトレードはしていこうと思います。

AUDJPY 1時間足

AUDJPY 1時間足

現在は84.65~84.85円のレンジで推移しています。

かなり長い期間のレンジですので何がきっかけで大きく動くようになるのか分かりませんが

トレードとしては難しい環境でね。

大きく見てもレンジ相場幅が変わるだけですのでいずれどちらかに大きく動いてくるでしょうね。

ドルストレートが動きが弱い分、USDJPYの動きが大きく関わってくる可能性があるので

USDJPYの動きも注視しながらトレードを考えて行きましょう。

とりあえずはレンジがどちらに抜けるか分かるまではレンジ幅の狭いので

様子見で良いかと思います。

2021.06.08の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日のNYダウは126ドル安となりました。

為替は雇用統計の流れを継続していてドル安、円高となっております。

10日にCPIやECBの金融政策があるためこの内容待ちとなりつつあります。

色んなドルストレートがレンジ相場になっており、まだ大きな流れが決まっていないような感じです。

CPIの結果を受けてから動くのかFOMCを受けて動くのかまだ分かりませんが、

いずれ大きく動くきっかけが出来てくると思うので、まずはその動きを待ちたいですね。

昨日は2戦して2敗で終わっています。

狙いは良かったのですが、結果は負けているのでどうしようもないですね。

久しぶりに連敗をしたので今日はさらに慎重にトレードをしていかないといけませんね。

それでは本日の相場分析をしていきたいと思います。

USDJPY 1時間足

USDJPY 1時間足

雇用統計を受けて100pips程下落し、昨日注目していた109.30円を割り

109.18付近のサポートラインで反発をしている展開です。

このまま下落するのか、反発するのか難しい判断になりますが、

基本はどこでロングをするかを考えてみています。

このまま上昇する可能性もありますが109.65を超えない限り確実な買いという環境ではないため

短期で売買が中心になりますね。

逆に109.18を割ってきた場合は109円前後もしくは108.35~108.55付近まで下落の可能性が出てきます。

今日明日でどのような動きになってくるのかはっきりして来ると思いますので

それまでは中期トレードは考えずにした方が良さそうです。

 

2021.06.03の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日のNYダウは5日続伸し25ドル高となりました。

今日はADPやISM非製造業景況指数があるため

それなりに荒れる展開になるのかもしれません。

為替相場は相変わらずのレンジ相場となっているため

大きなPipsは取れない環境です。

今日、明日は大きな指標があるためどちらかに大きく動く可能性が高いので

それまでは待ちになりそうです。

昨日は2トレードをして2勝となっております。

レンジ相場なので円通貨を下でロングして決済しただけです。

今日は動く可能性があるため見極めてトレードをしていく予定です。

それでは本日の相場分析をしていきたいと思います。

USDJPY 1時間足

USDJPY 1時間足

109.35~110.20のレンジ相場が引き続き続いています。

トレードとしては下値でロングするというトレード方法が一番勝ちやすい方法でしたが、

先ほど書いたように今日、明日の経済指標は動く可能性が高いため

注意が必要です。

そのため今は高値ではトレードをしない。

ショートの逆張りはしないという考え方でトレードをした方がいいでしょう。

もし109.35円の安値を割って下落した場合にはショートチャンスがあればショートをする。

安値を割っても基本はまだロングなのでロングポイントを探すといった方法が

トレードとしては安全です。

如何に安全に利益を稼ぐかだけを常に考えましょう。

2021.06.02の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日のNYダウは45ドル高となりました。

ISM製造業景況指数が予想を上回りましたが

大きな動きには繋がりませんでした。

為替市場はユーロ高、ポンド安となってポンドが売られていましたが

USDJPYはレンジ相場、EURJPYもレンジ相場とレンジ相場が

多くなりつつありますので

今後どのような動きになってくるのか注目です。

昨日はノートレードでした。

ポンドが大きく動いていたため様子見をしました。

今日はチャンスがあればトレードをしていきたいです。

それでは本日の相場分析をしていきましょう。

EURJPY 1時間足

EURJPY 1時間足

現在133.65~134.10のレンジ相場となっています。

下値が強いため下値でロングを取って行くのがいいでしょうが、

USDJPY次第ではありますが、

このまま上昇する展開が濃厚なのかなと思って見ています。

134.40円付近までの上昇。

このポイントを超えた場合はあと200pips近く上昇する可能性があると見ているのでチャンスがあれば

トレードを積極的にしていきたいですね。