FX

2021.05.06の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日のNYダウは97ドル高となり、2週間ぶりに高値を更新しています。

アメリカの経済指標はAPD、ISM非製造業景況指数など予想を下回った環境となっています。

今日はイギリスの金融政策が発表されますので、

小さなレンジを円通貨、ドルストレート共に作っていますので

今日どちらかに動き出すきっかけになりそうです。

昨日のトレードは1勝3敗となって完敗の日となりました。

久しぶりの完敗です。

昨日の分析通りにEURUSDに注目したのですが、

他のドルストレート、特に資源国通貨がドル売りの勢いが強く

EURUSDは結果、動かずというレンジ相場となっています。

最近負けから始まることが多いので

もっと慎重にトレードをしていかないといけないと改めて思わされました。

それでは本日の相場分析をしていきたいと思います。

USDJPY 1時間足

USDJPY 1時間足

完全なレンジ相場となっていますね。

大きくは109~109.48円

小さくは109.15~109.43となっています。

今週は雇用統計がありますのでレンジをどちらかに超えてくるでしょうが、

現在はドル売り、円売りという環境が強いため

どうなるのか全く見えません。

ただ言えるのは直近の高値の109.70円を超えると上昇へ、

108.85円を割ってくると下落ということになりそうですね。

ドル売り、円売りというのが基本方針ではありますので、

もし下落した場合は反発が強そうなサポートラインで押し目買いをしても

面白いかもしれませんが、まずはどちらに動き出すのか

注目していきましょう。

2021.05.05の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日はNYダウは19ドル高となりました。

イエレン財務長官が政府の支出拡大で金利は上昇する可能性が高いと発言をしたことにより

ドル高、株安が進行しましたが、

結果だけを見ると株はレンジ内で動いているに過ぎず、

現在は高値圏で推移しています。

チャートを全体的に見ると昨日の動きでドル高にまた戻る可能性があるのかなと

思っていますが、最近、アメリカ時間近くになると円高傾向になるので

今日はどうなるのでしょうか。

昨日はわかりにくい動きをしていたためトレードをしませんでした。

今日は雇用統計の前哨戦ADPがあるのでこちらに注目して

チャンスがあればトレードをしていく予定です。

それでは本日の相場分析をしていきたいと思います。

EURUSD 1時間足

 

EURUSD 1時間足

現在1.1998付近のサポートラインで跳ね返っていますが、

このサポートを割るようだと50Pips近い下落があるかもと見ています。

かなりサポートラインとしては重要なポイントですので

今日の動きはかなり注目しておきたいですね。

投資家によってはヘッド&ショルダーと言う人もいるかもしれませんので

トレードとしてはチャンスになりそうな感じです。

ドル高再開か。それともドル安継続か。

今日の動きに要注目です。

2021.05.04の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日のNYダウは238ドル高となりましたが、

ドルはドル安となり先週の後半の流れとはまた違う動きをしました。

ISM製造業景況指数の経済指標が予想より大幅に悪かったのもあると思いますが、

明らかにレンジに入りつつある相場の動き方なのかなと思います。

こういったときは小まめに確実に決済をしていかないといけない場面となります。

昨日の僕は1トレードだけして1勝で終わっています。

かなり方向感のない局面と思っていますので、

中長期的にポジションを持てないことからかなりデイトレードを優先しているのですが、

それでも自分の中ではかなり早めのポジションを決済しています。

昨日も最低限利益を取って終わっていますので、

当分はこの流れが続くのかもしれません。

それでは本日の相場分析していきたいと思います。

USDJPY 1時間足

USDJPY 1時間足

昨日は午前中からヨーロッパ時間まではUSDJPYは上昇していましたが、

20時ぐらいから急に方向転換し108.90円付近まで下落しました。

109.75円付近までは上昇するのかなと思っていましたが109.70ぐらいで

急落だったのでちょっとびっくりしました。

基本はロング目線に変化していますが、

ドルインデックスがドル高なのかドル安なのか方向感に欠ける動きをし始めていますので

非常にトレードがしにくいと思っています。

現在ちょうど109.30付近にレジスタンスがあるのでこのポイントを抜けてくるのかが

まずは焦点になりそうです。

このポイントを抜けて109.53、109.75と目指してくるのか

昨日の安値を割りに109.20、109.15のサポートラインを割ってくるのか要注目です。

 

2021.04.29の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日のNYダウは164ドル安となりました。

昨日注目されていたFOMCではテーパリングの議論開始は時期尚早、

インフレは一時的という見解を示し、ドル安、株安という形で市場は反応しました。

発言内容等もそこまで変わっていませんので、

まずはワクチン接種で経済がどこまで進展するのかという点がポイントになってきそうな状況ですね。

昨日のトレードは4戦して2勝2敗となりました。

反省点はFOMC近くでトレードをしてしまい

負けを増やしてしまったことですね。

あまりにもひどい内容になってしまったなと後悔しています。

これからはもっと計画を持ってトレードをしていきたいと思います。

それでは本日の相場分析をしていきましょう。

USDJPY 1時間足

USDJPY 1時間足

まずは下落トレンドへまた移行したのか。

それとも上昇トレンドの調整下落だったのかを見極めないといけませんね。

ちょうど反発を良い感じのポイントまでしてきたので

後は高値を抜けようとしてくるのか。

それとも下値を抜けようとしてくるのかという点がポイントになってきます。

ドルストレートではドル安が進んでいますが、円通貨のみドル買いが金利差の関係でドル売りとなっていて

全体的に円売りが進んでいる環境です。

他の円通貨でトレードをした方が勝ちやすい環境でもありますが、

USDJPYだけをトレードするのであれば108.40~108.65円でどのように動くのかを

注視してトレードを考えて行きたいですね。

上昇するのであれば理想は下値が堅いと分かるレンジ相場となっての上抜けです。

 

 

2021.04.28の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日のNYダウは3ドル高と停滞した状況となりました。

ただ為替は円売りが大きくなり、ドルや欧州通貨が大きく上昇となっております。

昨日の経済指標でアメリカの消費者信頼感指数がパンデミック前の水準に回復しており

これからの消費の伸びに期待が出来る環境となりました。

また、今日はFOMCが控えており、声明文とパウエル議長の会見内容でテーパリングに

言及があるのか見極める環境となっています。

また、バイデン大統領が法人税や富裕層の増税に対する議会演説が控えていることから

どこまで株価に影響があるのかにも注目です。

昨日は2トレードをして1勝1敗で終わっています。

負けから始まってしまいましたが、

トレードの方向性には問題はなく取り返して利益を得ることが出来たので

引き続き無理することなくトレードで利益をコツコツと積み上げていきたいですね。

それでは本日の相場分析をしていきたいと思います。

EURJPY 1時間足

EURJPY 1時間足

今までなかなか上抜け出来なかった130.60円を上抜けし

ECB政策金利発表でつけた高値も超えることに成功したことで

上昇相場となっています。

今はロングをどこで仕込むかという点だけに焦点を当てれば良い環境ですね。

とりあえずの目標は131.90円付近になるかなと見ています。

このポイントを上抜ければ133円前後となってくるだけに

押し目買いを中心に仕込みたいですね。

押し目買いのポイントとしては近いところでは

131.40もしくは131.30円付近となるかと思うので

チャンスと押し目買いが出来る環境になった場合は

積極的にトレードをしていきたいと思います。