USDJPY

2021.05.06の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日のNYダウは97ドル高となり、2週間ぶりに高値を更新しています。

アメリカの経済指標はAPD、ISM非製造業景況指数など予想を下回った環境となっています。

今日はイギリスの金融政策が発表されますので、

小さなレンジを円通貨、ドルストレート共に作っていますので

今日どちらかに動き出すきっかけになりそうです。

昨日のトレードは1勝3敗となって完敗の日となりました。

久しぶりの完敗です。

昨日の分析通りにEURUSDに注目したのですが、

他のドルストレート、特に資源国通貨がドル売りの勢いが強く

EURUSDは結果、動かずというレンジ相場となっています。

最近負けから始まることが多いので

もっと慎重にトレードをしていかないといけないと改めて思わされました。

それでは本日の相場分析をしていきたいと思います。

USDJPY 1時間足

USDJPY 1時間足

完全なレンジ相場となっていますね。

大きくは109~109.48円

小さくは109.15~109.43となっています。

今週は雇用統計がありますのでレンジをどちらかに超えてくるでしょうが、

現在はドル売り、円売りという環境が強いため

どうなるのか全く見えません。

ただ言えるのは直近の高値の109.70円を超えると上昇へ、

108.85円を割ってくると下落ということになりそうですね。

ドル売り、円売りというのが基本方針ではありますので、

もし下落した場合は反発が強そうなサポートラインで押し目買いをしても

面白いかもしれませんが、まずはどちらに動き出すのか

注目していきましょう。

2021.05.04の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日のNYダウは238ドル高となりましたが、

ドルはドル安となり先週の後半の流れとはまた違う動きをしました。

ISM製造業景況指数の経済指標が予想より大幅に悪かったのもあると思いますが、

明らかにレンジに入りつつある相場の動き方なのかなと思います。

こういったときは小まめに確実に決済をしていかないといけない場面となります。

昨日の僕は1トレードだけして1勝で終わっています。

かなり方向感のない局面と思っていますので、

中長期的にポジションを持てないことからかなりデイトレードを優先しているのですが、

それでも自分の中ではかなり早めのポジションを決済しています。

昨日も最低限利益を取って終わっていますので、

当分はこの流れが続くのかもしれません。

それでは本日の相場分析していきたいと思います。

USDJPY 1時間足

USDJPY 1時間足

昨日は午前中からヨーロッパ時間まではUSDJPYは上昇していましたが、

20時ぐらいから急に方向転換し108.90円付近まで下落しました。

109.75円付近までは上昇するのかなと思っていましたが109.70ぐらいで

急落だったのでちょっとびっくりしました。

基本はロング目線に変化していますが、

ドルインデックスがドル高なのかドル安なのか方向感に欠ける動きをし始めていますので

非常にトレードがしにくいと思っています。

現在ちょうど109.30付近にレジスタンスがあるのでこのポイントを抜けてくるのかが

まずは焦点になりそうです。

このポイントを抜けて109.53、109.75と目指してくるのか

昨日の安値を割りに109.20、109.15のサポートラインを割ってくるのか要注目です。

 

2021.04.29の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日のNYダウは164ドル安となりました。

昨日注目されていたFOMCではテーパリングの議論開始は時期尚早、

インフレは一時的という見解を示し、ドル安、株安という形で市場は反応しました。

発言内容等もそこまで変わっていませんので、

まずはワクチン接種で経済がどこまで進展するのかという点がポイントになってきそうな状況ですね。

昨日のトレードは4戦して2勝2敗となりました。

反省点はFOMC近くでトレードをしてしまい

負けを増やしてしまったことですね。

あまりにもひどい内容になってしまったなと後悔しています。

これからはもっと計画を持ってトレードをしていきたいと思います。

それでは本日の相場分析をしていきましょう。

USDJPY 1時間足

USDJPY 1時間足

まずは下落トレンドへまた移行したのか。

それとも上昇トレンドの調整下落だったのかを見極めないといけませんね。

ちょうど反発を良い感じのポイントまでしてきたので

後は高値を抜けようとしてくるのか。

それとも下値を抜けようとしてくるのかという点がポイントになってきます。

ドルストレートではドル安が進んでいますが、円通貨のみドル買いが金利差の関係でドル売りとなっていて

全体的に円売りが進んでいる環境です。

他の円通貨でトレードをした方が勝ちやすい環境でもありますが、

USDJPYだけをトレードするのであれば108.40~108.65円でどのように動くのかを

注視してトレードを考えて行きたいですね。

上昇するのであれば理想は下値が堅いと分かるレンジ相場となっての上抜けです。

 

 

2021.04.27の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日のNYダウは反落し61ドル安となりました。

ただナスダック総合指数は2ヶ月半ぶりに高値を更新して株価は依然強い環境にあります。

本日は日銀政策金利発表がありましたが、予想通り据え置き、

内容も前回変更したばかりですので多分据え置きになると思われます。

日銀としてはETF購入がなくなっても高値で推移していることから

株価に対しては安心しているでしょうね。

僕的には一回下落してほしいのですが・・・

昨日は全体的に円が売られ円安となりました。

流れとしてはそろそろ円安の動きになりそうな気配ではありますが、

ただドル安が強くなっているだけの感じもするので円でトレードをするべきなのか

ドルでドルを売るべきなのか悩ましいところです。

昨日は1トレードだけして1勝で終わっています。

良い感じで利益を取ることが出来ましたので

今日も無理のない範囲でトレードをして行こうと思います。

それでは本日の相場分析をしていきましょう。

USDJPY 1時間足

USDJPY 1時間足

ずっと気にしていた108.40円を割ってしまったことで

下落が一段と強くなるかと思っていましたが

107.50円付近で大きく反発をして現在108円前後で推移といった環境ですね。

アップトレンドへ変化するには少なくとも108.60円を超えていかないと

アップトレンド形成ということにはなりませんから

超えれるのか売られるのかを見ていく必要があります。

108.40円を抜けたことで106.80円近くまで下落するのかなと思っていただけに

USDJPYでトレードをするのであれば細かくショート、ロングをするにしても

トレードをしていく方が良さそうです。

基本は売り目線で見ながら、たまにロングをするといった感じで

トレードをしていく予定です

2021.04.20の相場分析

こんにちは。蒼士です。

昨日のNYダウは4日ぶりに反落し123ドル安となりました。

自動車運転の死亡事故でテスラ株が売られたみたいですが

今までの上昇を考えると下落のうちに入らず

まだまだ株価は上昇していきそうな雰囲気です。

ただ、日経平均は節目を割ったことで大きく下落しています。

日銀がETFを買わなくなって以降ほとんど上昇しなくなってきました。

日経平均はそろそろ限界なのか分かりませんが、

28400円を割らずにレンジになるのかどうかを見ていきたいところです。

昨日は2トレードだけして1勝1敗となりました。

朝方窓開けや分からない動き方をしていたこともあり

トレードができず眺めるしか出来なかったのが勿体なかったですが

実力不足と思いもっと勉強を続けて分かるようになりたいですね。

それでは本日の相場分析をしていきたいと思います。

USDJPY 1時間足

USDJPY 1時間足

現在ドル売りが加速しているせいで

USDJPYも大きく売られています。

想定していた108.40円付近のサポートラインもあっさり割れてしまい

108円前後まで下落しています。

今まで買いで見ていたのも正直、買いというよりは売り目線になりつつありますが

どこまで下落するのかが全く見えていないというのと

他の円通貨は上昇しているということを考えると売りも下手に出来ず、

買いもしにくい環境という状況に個人的にはあります。

今はどのような動き方をしてくるのかを静観した方が良さそうです。

短期的にショートやロングを仕掛けるのも良いと思います。

難しい環境ではなりますが、

チャンスがあればトレードをしていきましょう。