2022.04.21の相場分析

こんにちは。蒼士です。 昨日のNYダウは249ドル高となりました。 為替は円高、ドル安となり今までの調整が入ったと見ております。 今日はパウエル議長の発言がありますが、 5月のFOMCの利上げ幅や金融緩和縮小のペースがどのようになるかが焦点かと思います。 ただ今までの高官の発言から市場は大体予測しているでしょうからそこまで動かないかもしれません。 急激な円安が続いてどこまで円安が進むのかというこ...

記事を読む

2022.04.20の相場分析

こんにちは。蒼士です。 昨日のNYダウは499ドル高となりました。 本日、日銀が指し値オペをするということで朝方から上昇しUSDJPYが129.40まで上昇しましたが、 指し値オペが実行されると一気に円高となり現在128円半ばまで下落しております。 金利上昇している中、NYダウが上昇しておりますが、今までと違って上値は思い展開が予想されます。 昨日、円安が一気に全通貨に対して進んでおり、 黒田総...

記事を読む

2022.04.19の相場分析

こんにちは。蒼士です。 昨日のNYダウは39ドル安となりました。 ブラード総裁は年内に政策金利3.5%前後に早急に引き上げる必要があると述べ 0.75ptの大幅利上げの可能性も示唆しました。 黒田総裁は衆院決算行政監視委員会で円安が全体としてプラスという評価は変えたわけではない。 政策金利について2%目標の実現を目指して緩和を続けると発言しています。 確かに世界で考えると通貨安はインフレになるた...

記事を読む

2022.04.14の相場分析

こんにちは。蒼士です。 NYダウは344ドル高となりました。 本日はECBの政策金利があります。 市場予想は変更なしですが、物価高は起こっていますので、 どこで金融緩和を終了するのかが焦点になります。 金融緩和を終了してから金利変更が出てくるかと思いますので、まずはこの思惑に注目ですね。 昨日はニュージーランドとカナダが政策金利がありましたが、どちらも0.5%の利上げでした。 利上げをしたニュー...

記事を読む

2022.04.13の相場分析

こんにちは。蒼士です。 昨日のNYダウは87ドル安でした。 注目されていた米CPIは40年ぶりの8.5%となりましたが、 エネルギーを除いたコア指数の伸びが予想を下回ったためインフレがピークに達したとの思惑が出て 一時期ドル売りとなりました。 現在はある程度ドル買いとなって戻ってきております。 バンクオブアメリカによるファンドマネージャー調査では 景気悪化を見込む投資家の割合が過去最高となり20...

記事を読む