2022.04.12の相場分析

こんにちは。蒼士です。 昨日のNYダウは413ドル安となりました。 為替は円安です。 本日鈴木財務相の円安けん制発言はありましたが、過去円安で日銀が介入した例がほとんどなく 介入するにも何度も牽制発言が頻発すると考えているため当分介入はないとみていいかと思います。 今日は米CPIがあります。前月の7.9%よりさらに上昇する8.4%を予想されており 5月のFOMCでの利上げ幅やバランスシート縮小へ...

記事を読む

2022.04.07の相場分析

こんにちは。蒼士です。 昨日のNYダウは144ドル安となりました。 FOMC議事録では年内数回の0.5pt利上げ実施が示唆されて 量的緩和引き締めについて月950憶ドルを上限に資産縮小していくことが示されています。 ただ量的緩和に上限を設けるべきではないという意見も出てきており 引き締め加速への懸念も出てくるかもしれません。 大方予想通りとはいえ、乱高下をし、ドルが売られている場面も出てきており...

記事を読む

2022.04.06の相場分析

こんにちは。蒼士です。 昨日のNYダウは280ドル安となりました。 為替はドル高、円安となっております。 FRBの副議長指名のブレイナード理事が早くて5月FOMCで保有資産縮小を開始する可能性を示唆し その中で縮小ペースは17~19年に比べてかなり速やかになるとの発言もしています。 今までの要人の発言ととりわけ変わった感はありませんでしたが、 ハト派的なブレイナード理事がタカ派発言をしたというこ...

記事を読む

2022.04.05の相場分析

こんにちは。蒼士です。 昨日のNYダウは103ドル高となりました。 アメリカの雇用統計は賃金の伸びや失業者数の結果が良かったことで FOMCでの大幅な利上げ観測が強まっています。 市場では5月、6月と0.5ptの利上げも織り込んでいるため ドルが強い環境が続いています。 ロシア軍がウクライナ北部で虐殺した疑いがあることから 和平交渉が一段と困難になった可能性が出てきております。 また、これにより...

記事を読む

2022年3月31日相場分析

こんにちは。蒼士です。 昨日のNYダウは65ドル安となりました。 ロシアとウクライナの停戦交渉は事態打開の進展はなく キエフ周辺部隊を再編していると国防省が発表しているため 戦争は続きそうな環境です。 EU各国の総裁は利上げに動く可能性を示しており マイナス金利脱却への動きも出てきております。 そのため、今月に日銀が行った指値オペは 金利差を考える上では明らかに日本は弱いということが言えるので ...

記事を読む