2022.08.09の相場分析

こんにちは。蒼士です。 昨日のNYダウは29ドル高となりました。 為替は方向感のない動きとなっております。 金曜日の雇用統計が予想以上のポジティブサプライズとなりドルが大きく買われ USDJPYが2円近い上昇をしました。この結果、9月の利上げ幅が景気減速懸念で 0.5%になると見ていた状況が0.75%の利上げ確率が高まるほど大きな衝撃を与えました。 明日はCPIがありインフレがピークアウトしてい...

記事を読む

2022.08.04の相場分析

こんにちは。蒼士です。 昨日のNYダウは416ドル高となりました。 為替はドル高円安となっております。 昨日のISM非製造業景況指数は予想外に改善し良かったこともあり 大きくドル買いとなりました。 インフレのピークアウト感が出てはきましたが、最近はFRB高官のタカ派発言が相次ぎ 9月の利上げや今後の利上げスタンスを継続しているだけにどこまでこの発言が続くかは 結局は指標次第なんだと思われます。 ...

記事を読む

2022.08.03の相場分析

こんにちは。蒼士です。 昨日のNYダウは402ドル安となりました。 為替は円安、ドル高となっております。 アメリカ時間になってから急にドル高、円安となりましたが、 きっかけは3人による利上げを継続する方針がFRBは完全に一致しているとの見方を伝えたことにより 米10年国債利回りへ影響を与え、ドル高へと向かわせました。 デイリー米サンフランシスコ連銀総裁はインフレが高すぎる。インフレ対策終了には程...

記事を読む

2022.08.02の相場分析

こんにちは。蒼士です。 昨日のNYダウは46.73ドル安となりました。 為替は円高、ドル安となっております。 思っている以上に円高が進んできており、長期的な方向性が分かりにくくなっている一方で 円高の勢いが強く、個人的にはトレードが出来ない状況になっています。 米10年債利回りが2.6%付近まで下落しており 現在の政策金利FFレートは2.25~2.5%に設定されていることからほぼ同水準まで下落し...

記事を読む

2022.07.28の相場分析

こんにちは。蒼士です。 昨日のNYダウは436ドル高となりました。 FOMCで予想通り0.75%の大幅利上げを行い、パウエルFRB議長は記者会見で 引き締めペースの鈍化の可能性に言及しました。 今後の利上げは経済指標の内容次第という予想通りの発言があったため 波乱もなくドル売りという結果になっております。 ただ、インフレが高く経済指標が悪いということになってくるようであれば どちらを優先してくる...

記事を読む